ふるさとの手帖

市町村一周の旅

鰹のまち、枕崎でかつお節ができるまで。【市町村一周の旅】

こんにちは、かつおです。今日は鹿児島県の薩摩半島を主に巡っていきます。

薩摩半島が今日のメイン。

 

①いちき串木野市→②日置市→③南さつま市→④枕崎市→⑤鹿児島市
 

初めて訪れた町はいちき串木野市だけですが、そこからいくつかのまちを経由しつつ人とお会いする予定のある枕崎市を目指し、最後には鹿児島市へ戻るというルートです。枕崎市では鰹節工場に連れていっていただいたり普段の旅ではできないことも。それでは振り返っていきましょう。

①いちき串木野市

金山蔵。

 

いちき串木野市の中心部からほどなく山手に進んだ自然の中にある、金山蔵。まだ朝早かったため中には入ることができませんでしたが、焼酎の蔵元として大変有名です。長い長い坑道の中に貯蔵庫や仕込み蔵があるのが特徴、またいつか行ってみたいな。

町の中心部へ。

フェリーターミナルへやってきました。
ここから甑島列島へ行くことができます。

 

最近人気が急上昇している甑島(こしきしま)列島、僕も行ってみたいなと思いつつ今回は行けません。大きな有人島は上甑島、中甑島、下甑島の3つ。

おじちゃんたちは釣り。

海が近い、のどかなまちです。

②日置市

ここから枕崎まで、少し寄り道。

日置市。
景色がとっても綺麗。

③南さつま市

南さつま市。

④枕崎市の地域おこし協力隊、りっかさんにお会いに。

日置市、南さつま市と経由して向かったのは枕崎市。薩摩半島南西部、「太陽とカツオのまち」がキャッチコピーの枕崎。僕にとって聖地のようなこのまちにいらっしゃる、りっかさん。枕崎市の地域おこし協力隊として活躍されていらっしゃるのですが、縁あってお会いすることができ、市内を案内していただきました。

枕崎市へやってきました。

 

2回目の枕崎、再び戻り鰹。

絶品、船人めし。

 

 

カツオ料理のお昼をいただきました。「船人めし」は漁師が釣ったを船上で捌き、ごはんにのせて豪快に食べる漁師めしを現代風にアレンジした料理です。そのまま食べるもよし、出汁をかけてひつまぶしのように食べるもよし。

たまりません。

 

現地で食べるカツオってホント最高ですよね。共食いですけど、食物連鎖。

素敵な大将でした。

お昼をいただいた後、老舗の「鰹節製造工場」に連れて行っていただきました。

道中、海が見える踏切。

 

おいも畑。さすが薩摩半島。
「薩摩富士」こと薩摩半島が綺麗にのぞいています。
今度は海の近くへ。
潮が引いてるタイミング。
ではいよいよ鰹節屋さんへ。
揚村鰹節商店さん。

 

主に鰹節を製造している揚村鰹節商店さん。敷地内に入る前からカツオの匂いがプンプンします。

りっかさんが社長さんとお繋がりがあり、大変貴重なことに工場内を見学させていただきました。

冷凍されたカツオを二度に分けて解凍する。
カツオだらけ。浴槽内に2トンある。
90度のお湯で煮込む。

扉を開けると…
カツオが燻されています。

とても気さくな社長さんでした。息子さんが最近帰ってきて、生産性が上がったって。
外国人労働者の人もいます。

 

素早い手捌きでカツオの「骨抜き」作業をするのはほとんどが海外の労働者でした。美味しい鰹節を本当にありがとうございます。


燻されてできあがった荒節。

 

結構カッチカチです。冷凍バナナより硬い気がした。

カツオにカビを生やす。

 

全く知らなかった工程ですが、鰹節ができるまでに「日干しとカビ付け」という作業があります。裸節を1~2日間天日乾燥した後、純粋培養した優良かびを噴霧し、(かびつけ室)に収容すると2週間ほどで青緑色のかびが生えるそう。

カビの生えた鰹節。
道の脇にずらり。
こちらがカビつけ部屋。

 

カビ付けによって、出汁の透明度や香りに違いが出るんだそうです。チーズなどでもカビを利用しますが、鰹節にカビが関わっているって、びっくりですよね。

社長さん本当にありがとうございました。

 

りっかさんも製造過程を見られたのは初めてだったそうで、本当に貴重な体験をさせていただきました。綺麗なパッケージになったものしか店頭で見ることはありませんが、いろんな人の思いが商品には込められています。

最後に連れてきていただいた火之神公園。奥にある立神岩は枕崎のシンボル、42mもの高さがあります。

 

りっかさんとはここでお別れです、素敵な体験をさせていただき本当にありがとうございました!枕崎市のことや鰹節、現地で直接お会いして案内していただけて夢のような時間でした。

⑤同級生のいる鹿児島市。

枕崎市を後にして、今日は鹿児島市が目的地。

はまちゃん久しぶり。

 

中高の同級生はまちゃん、中学は野球部の仲間でした。今は鹿児島で大学院生をやっています。

鹿児島ラーメン。

 

原付旅が終わりに近い中で、いろんな人と会えて幸せだなぁと、つくづくそう感じた1日でした。ホントに感謝です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me