人口370人、新潟県北部に浮かぶ小さな粟島。【市町村一周の旅】

人口370人、新潟県北部に浮かぶ小さな粟島。【市町村一周の旅】

こんにちは、かつおです。新潟県2日目は、下越地方(新潟県北部)に浮かぶ「粟島」という島へ行ってきました。

人口は370人ほど、周囲23kmのとても小さな島ですが、岩船郡の「粟島浦村」として合併せず今もなお暮らしが広がっています。

新潟県といえば佐渡島がありますし、そんなところに別の島があったんだ!と調べた時に知ってから、僕がずっと行きたかった場所でもあります。

新潟県も全ての市町村へ行きました。
ポツンと浮かぶ。GoogleMapでもよく見ないと見落としてしまう。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

朝日が閃光のよう。

 

まず、粟島行きの港がある村上市の岩船港へ向かいます。

 

粟島汽船のりば。

 

船は高速船とフェリーの2種類があり便などは時期によって異なりますが、今日は往復どちらもフェリーを利用します。

フェリーニューあわしま
いざ乗船。
内装は新しく綺麗。

 

フェリーニューあわしまは新造船。今年から就航が始まった船で大変きれいな内装です。

家印。

 

粟島独特の印だそう。同性が多いため、この印で区別していたって。

粟島が近くなってきました。

 

フェリーの旅は約85分。天気は悪くありませんがそれなりに揺れていたと思います。

間も無く着岸。
釣り人。
下船前。

着いた!

 

粟島ではできれば1泊してみたかったのですが、今回は日程の都合上日帰りです。だいたい3時間ちょっと時間があり、レンタサイクルを借りて島一周を目指します。パンフレットにも「自転車で島一周は3時間」と書いてあったので行けるはず。

というわけで、自転車でぐるっと一周しましょう。

漁港。釣り人も多いし漁業は盛んなのかな。
内浦集落。

 

粟島には港のそばにある「内浦集落」と裏側にある「釜谷集落」の2つの集落しかありません。ですから島民の皆さんはそれぞれ顔見知り、おっきな家族みたいな関係だそうです。

 

居酒屋もあった。
日常。

路地裏。
だんだん晴れてきました。
天気がいいので新潟県村上市の朝日連峰が見えます。村上市と山形県鶴岡市の間には険しい山々が。
干してあった。
芭蕉の句碑。芭蕉も来てたのかな。

海沿いは急な坂道と下り坂の連続。

 

結構急な坂道です。電動自転車なので大丈夫ですが、普通の自転車なら涙目。

透明な海。
どことなく日本海らしい。

釜谷地区へ。

 

もう一つの集落、釜谷地区へやってきました。

洗濯物。
地元のおばあちゃんに「あっちに神社がある$%”@〜」と言われたので寄ってみました。
独特の雰囲気が広がってた。
木々は立派だ。
釜谷集落。
鳥居と粟島。
のどかです。

 

釜谷集落を抜けると、内浦地区に戻ってくるまで集落はありません。ひたすら海岸沿いを、サイクリング。

サイクリングもまた気持ちいい。

 

自然がたくさん残っていました。
最後は温泉!

 

無事に2時間ちょっとで一周することができました。時間も少し残っていたので、漁火温泉おと姫の湯へ入りました。

幸せ。

粟島浦役場。
あっという間に帰りのフェリーの時間です。

出港の汽笛が「ご〜!」と鳴り響きます。
また帰ってこれるといいな。

 

滞在時間はあっという間でしたが、島の雰囲気、暮らし、といったものを感じることができました。島に残る温かさというものは古今を問わず変わっていない、これからも長く残っていく、それは現代社会にはない、また一つ別の「価値」です。

次は泊まりでゆっくり来れるといいな。

新潟県の旅は、これで無事に終了です。

コメントを書く

*

日本一周

最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

目次ただ、個人的なこと。「日本は広いです。」 ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思って...

Follow me