新潟県下越地方の旅。【市町村一周の旅】

新潟県下越地方の旅。【市町村一周の旅】

こんにちは、かつおです。中四国の旅が終わってから原付を大学のある広島に残し、実家の倉敷へ戻りました。四国からの帰りが台風の前日ということで僕はギリギリ間に合いましたが、東日本にて被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。ニュースで出てくる地域は全て行ったことがある場所でとても心苦しいですし、去年の同時期は関東地方へいましたから、複雑です。今日訪れた新潟県も阿賀野川は思わず声が出るくらい増水していました。

1日も早く元の生活が戻りますことをお祈りしております。

 

そして旅路ですが、倉敷へ戻ってきた流れで京都を経由し、夜行バスに乗って新潟県へやってきました。

下越地方。


新潟県はまだ下越地方が残っており行く機会を伺っていました。日本海側の雪国ということでできるだけ早く行きたいと考えていたわけです。

聖籠町→新発田市→胎内市→関川村→村上市

 

の順番で巡っています。写真で振り返って行きましょう。

 

弁天潟風致公園。ー聖籠町ー

最初にやってきたのは聖籠町。とても小さな町ですが、弁天潟風致公園へ行きました。

漢字が多い。

 

弁天潟は新発田藩による加治川の治水工事の時にできた入り江を、当時、付近一帯を支配していた二宮家が新発田藩より借財の形として譲り受けたもので、二宮家の庭の一部でした。

ハスが広がっています。


肌寒い朝でした。

木々が揺れる。

 

新発田城。ー新発田市ー

新発田城は本丸の形が舟のように見えることから舟形城と呼ばれたり、周囲が湿地で菖蒲がたくさん咲いていたことから菖蒲城とも呼ばれます。そして、日本百名城に数えられています。

新発田城へ。堀が深い。
一輪車乗ってる人がいた。
立派な門。



当時の基礎も展示されています。

三階櫓。そして日本100名城。

ちなみにすぐ隣は自衛隊の土地となっており、三階櫓までは貼ることができませんでした。一部だけ見学できると言う感じです。

立派な木が。

 

新発田城、ひっそりと佇むお城でした。

乙宝寺。ー胎内市ー

次に向かったのは胎内市。乙宝寺(おっぽうじ)という古刹を訪問しました。

乙宝寺へ。

 

胎内市(旧中条町)の海岸砂丘の林の中に位置するお寺です。境内は往年の趣を残しており、田舎のお寺ならではの静謐さに包まれています。

雰囲気たっぷり。

三重塔もあります。

参拝しました。本堂の内部にも入ることができましたが、大変厳かな雰囲気でした。

町も昔ながら。

関川村

次にやってきたのは関川村。「道の駅関川」を中心に散策しました。

道の駅へ。
玉こん(玉こんにゃく)が売ってあったので思わず買ってしまいました。山形県名物です。
もも。
秋ですねぇ。


道の駅の奥には昔の家も残っています。
水車。

重文、渡辺邸。玄関でこの雰囲気。

 

関川村、歴史の薫りが感じられました。

日本で最初の鮭の博物館、イヨボヤ館。ー村上市ー

そして今日最後のまちは村上市。村上市は皇后雅子様ゆかりの地ということもあり、このイヨボヤ館もしっかり作り込まれています。日本で最初の鮭の博物館ということで、鮭のまち村上市を見て行きましょう。

イヨボヤ館へ。
でっかい鮭がお出迎え。

 

イヨボヤとは、村上の方言で鮭のことをいいます。村上市を流れる三面川のサケに関する歴史や文化などを知ることができ、季節によりサケの産卵やふ化するまでの様子を観察できます。

館内に入ります。イクラかな。

 

中に入って早速15分ほどのビデオを見ました。三面川という鮭の川に回遊して帰ってくるまでの流れや漁について、村上という町について、少し古いですがかなり美しい映像でした。

サケを発見。

イトウもいました。
鮭の稚魚です。

種川を直接見ることができる。

 

イヨボヤ館のすごいところは、三面川の分流「種川」に設置された10カ所の観察窓から、生息する生物を自然のままに「観る」ことができます。

自然の川を、下から覗くことができるってすごいですよね。
天然の鮭も泳いでいました。すごい。

雄大な自然と人々の知恵によって守られてきた鮭の文化。鮭といえば北海道のイメージが強いかもしれませんが、村上市も負けていないと感じます。

新種の錦鯉。
ウーパールーパー。

 

ということで、新潟県もあと一歩です。

コメントを書く

*

日本一周

最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

目次ただ、個人的なこと。「日本は広いです。」 ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思って...

Follow me