ふるさとの手帖

市町村一周の旅

山形のあたたかさに触れながら。【日本一周157日目09.01】

9月になりました。

こんにちは。あっという間に9月になりました。相変わらず時間が過ぎて行くのは早いです。

さて、今日は山形市から村山市まで、小さな町々をめぐりながら進んで行きます。

ルートは
(S)山辺町→①大江町→②朝日町→③西川町→④寒河江市→⑤河北町→⑥中山町→⑦天童市→⑧東根市→(G)村山市

のルートです。では行ってみましょう!

(S)山辺町→①大江町→②朝日町→③西川町→④寒河江市→⑤河北町→⑥中山町→⑦天童市→⑧東根市→(G)村山市

①山辺町

まず最初に向かったのは山辺町です。

町役場。
優しいおじちゃん。

おじちゃんが声をかけてくれて、山形について色々お話ししてくれました。山形の市町村には全て温泉があるって聞いてびっくり。

②大江町

次は大江町。道の駅へ向かいます。

朝は地元の人が多い。

すると元気のいいおばちゃん「玉こんにゃく食べな!」と声をかけてくれました。

山形名物玉こんにゃく。

玉こんにゃくは山形県のソウルフード。通称「玉こん」で、丸いこんにゃくを醤油入りのダシで煮込む。僕は初めて知ったのですが、本当に山形を巡っているといたるところで見かけました。

おばちゃんありがとう。

③朝日町

次に向かったのは朝日町。ワイン城へ向かいます。

朝日町はワインが有名。

芝刈り。
お花の鉢はワイン樽。

G7で出されたり金賞受賞したりとすごい。

色んなワインを見れるだけでもとっても勉強になります。運転があるので飲めませんが。

③西川町

そして次は西川町。

山に囲まれた静かな町。

車の軌跡。

 

④寒河江市

次は寒河江市。道の駅さがえチェリーランドはとっても大きな道の駅で、たくさんの人で賑わいます。

道の駅さがえチェリーランド。
麦切りという山形の麺。

ここでお昼ご飯を食べたのですが、「麦切り」という変わった麺をいただきました。

うどんでも、冷麦でも、蕎麦でもないご当地麺。小麦粉を塩水で捏ねて細く切ったものだそうです。

のどごしがたまらない。

食べてみて「んん?」なんだろうこの感じ。麺はコシがあって素朴な風味。うどんとは違うのどごしの良さに新しい美味しさを見つけたような。美味しかったです。

そして山形といえばさくらんぼ。

さくらんぼきらら、試食が一人一個までできて美味しかった。

⑤小さな動物園。ー河北町ー

そして次は河北町。ここには「河北児童動物園」という小さな動物園があります。

ここは役場。

 

役場のすぐ裏に、動物園があります。

児童動物園ですが、22歳のおじさんもお邪魔します。

ヤギ。
強面のキツネ。
2018 6/24

こうしてみると、旅の中で色々な動物を見てきたなぁと感じます。

⑥中山町

次は中山町に入ります。

役場。


水たまり。

⑦天童市

そして天童市。

天童市には東北随一のイオンモールがあって、大きな町のイメージだったんですが予想よりも落ち着いた町だなと。

そして道の駅。

足湯に入れます。
ふぅ。

天童市は「将棋の町」として有名で、駒の生産量では全国の約9割を占める日本一の産地です。将棋ももう少し強くなりたいな。

⑧東根市

あと少し、次は東根市に入ります。

実はさくらんぼ生産量日本一の東根市。

街自体は山形市のベッドタウンのようで、新しいおうちもたくさんありました。

⑨村山市のゲストハウスKOMEYAKATA

そして最後、今日は村山市のゲストハウスにお邪魔します。

村山市にやってきた。
ゲストハウスKOMEYAKATAさん

ゲストハウスKOMEYAKATAさん。宿であると同時にオーナーさんは農家も兼業されています。



まさに米館。

面白い宿だなぁ。

そしてこめやかたさんは農家なので、お米や野菜がその時々によって自由に食べることができます。僕もお米をいただきました。

つや姫。

山形のつや姫、ホントに美味しい。2合いただきました。お店の方も優しくて、東北のあたたかさを感じる最近の旅です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me