ふるさとの手帖

市町村一周の旅

写真集が完成しました!【僕とひがしひろしま】

 遂にできた!

このサイトでも更新しているシリーズ「ひがしひろしまの旅」。広島大学に来て3年、住んでいるこのまちをもっと知りたいと思い、旅に出ました。地域は合わせて47あり、それらを全てまわること。そして最終目標であった「写真集をつくること」がやっと完成しました。

背表紙。右の明朝体が完成版。

せっかくなので宣伝します。

差し支えなければ…。内容、旅先で撮った何千枚の写真から好きなモノをまとめたものです。サイズはB6、ページは100ページあります。直接感じた景色、偶然出会った人、イベントに行ったときのことなど47の地域全てで撮った写真を掲載しています。

写真は見開き。

苦戦したこと。

レンズは1本、単焦点
一つはカメラのレンズ。一眼レフカメラで撮っていますが、全て「単焦点」というズームの効かないレンズで撮っています。やや専門的ですが50mm標準、自分で動きながら。飾ることなくできるだけありのままの写真を撮り集めたいと思ったからです。
初めての製本
苦労したこと、たとえば最近は簡単にパソコンやスマホでフォトブックを作れる時代で、しかも安くてきれい、僕も利用したことがあります。ただ、今回写真集を作るにあたって、
・ページ数が多いこと
・できれば販売もしたいこと
などが要因で、安く作ることが難しい状況にありました。ので、今回はそういったサイトは使わず、レイアウト含め全て自分で作成しました。初めて本格的に使うソフトがあったり、入稿でミスをしたり、とっても難しかったです。けど、おかげで自分の好きな写真集にすることができました。

タイトル「僕とひがしひろしま」

販売します…!

この写真集、販売できるように設定できたので、販売します!
タイトルは、

 僕とひがしひろしま 

値段は1,500円です。 

高い、って感じでしたらごめんなさい。できるだけ安く売りたかったのですが、この価格でも利益は出ないに等しいといったところです、どうか神のご加護を…。
ただ、心を込めてつくりました。広島大学の学生、東広島市の方々、広島の方々、そしてできるだけ多くの方に見ていただけたら、嬉しいばかりです。観光地の有名な景色を集めた写真集ではありません、ささやかな日常を撮り集めたものです。もしよければ、お買い求めください^^
(外部サイトを利用しています。下の「商品を注文する」ボタンをおすと購入画面に進みます。)

商品を注文する

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 仁科勝介さん!

    はじめましてこんにちは。
    貴殿の大変貴重な折り目を拝見しました。

    素晴らしく滅多に出来ない貴重で素適な経験でした。
    素敵ではなく私にとって素適なのです。

    貴殿の写真を拝見し、撮影した場所であろう位置に立ちファインダーをイメージしてみました。
    大神宮下から本町通りを覗く交差点と海老川の長寿橋の上からです。

    ただただ確言。
    貴殿の親御さんに大感謝です。
    学生では味わえない大変貴重な経験や体験をさせてくれました。
    これこそが愛情でしょう。

    生きるとは苦楽を伴うものですが、これらの体験や経験を若いうちにさせてくれたことです。
    損得ではなく善悪を学ばせてくれたことです。
    何事もひとつひとつ具体的にやらなきゃならないことを学ぶ機会を与えてくれたことです。
    専門馬鹿になってはいけない経験を社会から勉強させてくれたことです。

    貴殿の親御さんにお会いしてみたいと思いました。
    私も古希を過ぎ正直に素直でありたいと再認識しました。

    今度ねまたねは今のうち。
    実ほど頭の下がる稲穂かな。

  2. 仁科勝介さん!

    はじめまして、こんにちは。
    貴殿の大変貴重な折り目を拝見しました。

    素晴らしい滅多に出来ない貴重で素適な経験でした。
    素敵ではなく素適なのです。

    貴殿の写真を拝見し、撮影した場所であろう位置に立ちファインダーをイメージしてみました。
    大神宮下から本町通りを覗く交差点と海老川の長寿橋の上からです。

    ただただ確言。
    貴殿の親御さんに大感謝です。
    一般的な学生では味わえない大変貴重な経験や体験をさせてくれました。
    これこそが愛情でしょう。

    生きるとは苦楽を伴うものですが、これらの体験や経験を若いうちにさせてくれたことです。
    損得ではなく善悪を学ばせてくれたことです。
    何事もひとつひとつ具体的にやらなきゃならないことを学ぶ機会と経験を与えてくれたことです。
    専門馬鹿になってはいけないことを社会から勉強させてくれたことです。

    貴殿の親御さんにお会いしてみたいと思いました。
    私も古希を過ぎ正直に素直でありたいと再認識しました。

    今度ねまたねは今のうち。
    実ほど頭の下がる稲穂かな。

  3. 仁科勝介さん!

    はじめまして、こんにちは。
    貴殿の大変貴重な折り目を拝見しました。

    素晴らしい滅多に出来ない貴重で素適な経験でした。
    素敵ではなく素適なのです。

    貴殿の写真を拝見し、撮影したであろう場所に立ちファインダーをイメージしてみました。
    大神宮下から本町通りを覗く交差点と海老川の長寿橋の上からです。

    ただただ確言。
    貴殿の親御さんに多謝深謝です。
    一般的な学生さんでは味わえない大変貴重な経験や体験をさせてくれました。
    これこそが愛情でしょう。

    生きるとは苦楽を伴うものですが、これらの体験や経験を若いうちにさせてくれたことです。
    損得ではなく善悪を学ばせてくれたことです。
    何事もひとつひとつ具体的にやらなきゃならないことを学ぶ機会と経験を与えてくれたことです。
    専門馬鹿になってはいけないことを社会から勉強させてくれたことです。

    貴殿の親御さんにお会いしてみたいと思いました。
    貴殿の文章を読み私も正直に素直になれました。

    今度ねまたねは今のうち。
    実ほど頭の下がる稲穂かな。

  4. 古川修様

    コメントありがとうございます。素適というお言葉大変ありがたく頂戴いたしました。
    親に関しましても、最後まで自分のことを外から見守ってくれました、本当に頭が上がらない思いです。
    まだまだ経験の浅い身分ですのでここで一つ区切りをつけ、また0から前に進みたいと思っております。こちらこそこの度は記事を読んでいただき本当に、ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me