ふるさとの手帖

市町村一周の旅

伊根の舟屋に天橋立。【日本一周81日目2018.06.15(No.225~229)京都府】

 

あれよあれよと京都まで。

つい先日まで島根や鳥取にいたけれど、あっという間に今日は京都を目指していく。

「ひととまる」さんにて。

朝、豊岡市を出発。ひととまるさんのあったかい空間、好きだったな。

まずは早速京都府、京丹後市に。

京丹後市にて。

 

府道、って感じがよく見ると新鮮だ。

伊根の舟屋。

 

次に向かったのは伊根町。伊根の舟屋は、ずっと行ってみたかった場所。

見ての通り、海と家が近い。1階が船のガレージ、2階が居室。不思議だなぁ。

歩くだけでもとても楽しい。昔の静かな佇まいは、そこで暮らす人々の生活の知恵によって生まれた風景美だ。

次に向かった先は与謝野町。

 


役場の横断幕。シンプルに名前が超大物だ。知らなかった、すごいな与謝野町。

まちなみもぐるっと。

天橋立を歩く。

そしてやってきたのは宮津市、天橋立。松島、宮島と並ぶ日本三景だ。上の方から、そして逆さに見ると龍が登っていくように見えるのが有名だけど、今回は下を歩いてく。

まちなみ。

智恩寺。日本三文殊の一つで勉強にgood.

 

橋を渡る。

ベンチから砂浜。

 

与謝野晶子・寛の碑。よくここに来ていたって。

 

実際に歩いて見るのも面白いなと、そう思った。

目的地・舞鶴から。

さぁそして、最終目的地は舞鶴。まずはレンガパークに寄り道。

また違う世界。

扉。

横浜に来たみたい。

そしてご飯を食べて、向かう先は

「北海道」だ。

明日の夜、小樽に着く。

関西に来て、ここからは一気に北海道。

どんな旅に、なるのかな。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me