ふるさとの手帖

市町村一周の旅

広い福岡市内との出会い。【旧市町村一周の旅(福岡県|12月8日〜9日―246~247日目)】

広い福岡市内との出会い。【旧市町村一周の旅(福岡県|12月8日〜9日―246~247日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【81/175】

81/175
46.29%
訪れた旧市町村の数【702/2,094】
702/2094
33.52%
総計【783/2,269】
783/2269
34.51%

スーパーカブの総走行距離
20300km

博多区→東区→南区→中央区→城南区→西区→早良区、の7つ。

広い福岡市内との出会い。(2023年12月8日 (金)〜9日(土)―246〜247日目)

福岡市がどのような街なのか、ほとんど知らなかった。今まで訪れたことのある福岡市内はかなり限定的だったから。天神や中洲も、歩いた記憶がほとんどなくて。

合わせて7つの区がある福岡市を、スーパーカブで少しずつ訪れて行った。150万人以上が暮らす都市だ。公園も住宅地も海も繁華街も、壮大な福岡市の一部にしかすぎない。だから、わかったふりはできない。小さな旅であり、少しだけお邪魔するような気持ちで。

博多区(福岡市)

12月8日。

対馬からフェリーに乗って約4時間、博多港への入港が近づいてきて、博多湾から見える福岡市の景色を眺めていた。海からは山並みが結構見えるのだなあ。高くはないけれど何層にも重なっていた。“摩天楼”はニューヨークのように天に届かんばかりの高い建物を指すけれど、逆光を浴びて中心地の建物が霞んでいる様子は、その摩天楼があるかのようにも思えた。

昼過ぎ、到着した博多港から博多駅まで進む。たった3キロなのに、信号が多くてぜんぜん進まない。ようやく博多駅が正面に現れると、18歳のときにヒッチハイクで九州一周したことを思い出した。9日間で20数台の車に乗せてもらった旅だった。その旅が終わったあと、最後に名前も知らない人に撮ってもらった記念写真の場所が、博多駅だった。あれから10年近くか……。

博多駅の高架橋を越えて、東出口の駐輪場にバイクを停める。櫛田神社を訪れて、中洲方面まで歩いてみることにした。「博多区」という括り方にしてしまっているので、少々いびつな巡り方をしている。中洲はぎりぎり博多区で、天神は中央区だから。

対馬から、博多へ。
福岡が見えてきた。

下船だ。
若い女性がたくさんいた。

とにかく、歩く。

櫛田神社へ。

お昼なので、中洲も屋台は出ていなかった。

東区(福岡市)

博多区からどちらかというと北進するような形で、東区へ入っていく。東区はとても広い。東区役所は博多駅と4キロほどしか離れていないけれど、ぐるっと北西に進んで博多湾を北から見渡せる志賀島もある。
 
まずは筥崎宮に向かうことにした。博多から筥崎宮も近い。ただ、近いとはいえ、少しずつ左右の景色が住宅街メインに変わっていった。大きな神社が福岡にはいくつもあるのだなあと、新しい発見だった。それから東区役所の周辺を巡ったあと、散策を切り上げて久山町に向かい、知り合いの方々のお家で夕食をご馳走に。久山町に向かう途中、蒲田の交差点からは山の裾野に広がる住宅街が見えて、郊外の景色だなあと感じられた。
 
翌日。志賀島の手前にある、海の中道海浜公園を目指した。公園が開園前だったので、開園を待つか迷って、踵を返してしまったものの、途中の景色は千葉のような感じがして新鮮だった。電車も志賀島の近くまで延びていて、地図で見てもここまで電車が通っているのだと驚かされる。
筥崎宮へ。
立派な社殿だ。
東区役所。
久山町にて。知り合いの先輩ご夫婦に、もつ鍋をご馳走になったり。
翌朝、海の中道海浜公園。
電車も通っていた。

南区(福岡市)

東区から南区へやって来た。どこへ訪れるか迷って、南区役所がすぐそばにある、大橋駅周辺を散策することにした。
 
南区役所から大橋駅周辺をぐるっと歩いて感じたのは、雰囲気が東京っぽいことだ。といっても、東京も広いわけで、具体的に言うと江戸川区の都営新宿線あたりが脳裏に浮かんだ。それを、悪い意味で言うつもりは毛頭ない。駅周辺の雰囲気が、ただそのあたりっぽかった。不動産会社の人が駅前で売り込みをしていたり、パチンコ屋さんに行列ができていたり(これもまた、悪く言うつもりはない)。
 
天神に電車で10分足らずで行ける利便性があって、十分な生活環境が整っている。そうした住みやすい街の発展の仕方は、同じ日本であれば何パターンかある中の……、と多少は似るのかもしれない、と思ったのだ。まだ大阪や名古屋の区を巡っていないので、根拠もないけれど。それに、次の中央区へ移動しているときに通り過ぎた隣の高宮駅は、横浜の青葉区に似ていると思った。
南区へ。
南区役所。マンションが同じ敷地に建っていた。
大橋駅。
キッチンカーも並んでいた。

中央区(福岡市)

次にやって来たのは、中央区だ。最初に向かったのは大濠公園。大濠公園に到着する直前、福岡大学附属大濠中学校・高等学校を見つけて、なるほどと。なるほど、の中身はただの野球好きなので、オリックスの山下舜平大投手はここで育ったのか、ということであるが、それはさておき、大濠公園に着くと、赤い旗を持った人たちがいて、池を周回できる遊歩道の半分が駅伝のコースになっていた。高校の新人駅伝のようで、「〇〇高校ファイト!」と沿道の応援もある。大濠公園で駅伝大会もあるのだなあと、新鮮だった。

 

そのまま歩いて六本松へ。「您好!朋友」という中華料理屋に行きたくて、昼の営業時間が始まるまで、蔦屋書店で本を見て回る。ハマってしまった本があり、買ってしまった。荷物を増やしてしまうのは致命傷なのに。

「您好!朋友」は人気の中華料理屋だ。店内の赤い壁には著名人のサインがずらりと飾られている。一度来たことがあって、ここだけは外せない! と今回も思ったのだった。麻婆定食を食べて、汗だくになってしまい、レジに行くと当たり前のようにティッシュを渡してくださった。

大濠公園へ。

六本松駅周辺。
青陵の街、なんだ。

您好!朋友。すぐ満席になった。

城南区(福岡市)

中央区の天神には夜に訪れるとして、昼間のうちに次へ進んでいく。やって来たのは城南区だ。城南区役所は六本松駅からも近く、少しだけ繁華街から離れた住宅団地という感じだった。
 
その後、油山片江展望台まで、油山を登っていった。展望台からは福岡の景色を一望できた。東西に都市高速が通り、そのほかの土地もビルやマンションで隙間なく覆われている。正面に見える山は鴻巣山だろうか。もちろん海も見える。でも、北九州の皿倉山や高塔山から見える景色とは、当然だがぜんぜん違うなあと思った。北九州は景色に強弱があるように感じられたけれど、福岡は比較的シンプルかもしれない。
城南区役所近く。
城南区役所。

油山片江展望台へ。
大都市がぎゅっと詰まっている。

また、街に戻ってきて。

西区(福岡市)

宿が早良区だったので、先に早良区を通り越して西区まで向かう。西区もピンキリの広さだなあと思って、どこへ行ってみようか考えた末、九大学研都市駅の周辺と、生の松原の元寇防塁を目指してみることに。
 
九州大学の伊都キャンパスに一度行ったことがある。でも、10年近く前なので、あまり覚えていないし、どう変化があったのかもわからない。ただ、九大学研都市駅周辺は新しいマンションも多く、人がどんどん住み始めているような感じだった。子供もたくさん見かけたし、大学生の街だけではないんじゃないかな。
 
元寇防塁は、生の松原に限らず博多湾一帯に残されている。二度、もしくは三度襲来したとされる、元軍からの攻撃を守るためにつくられた防御壁だ。
 
松原から見る海が美しく、能古島も見えて、ヨットがたくさん浮かんでいた。瀬戸内海とは違うけれど島々が見える、穏やかな博多湾。福岡を巡って、海がずいぶん身近になったなあと思う。そして、元寇防塁もごく自然に残されていた。元寇の襲来は13世紀の鎌倉時代の話だけれど、7世紀の対馬をはじめとする国防、13世紀の元寇に対する国防、16世紀の朝鮮出兵と、九州北部は海外に対して緊張感を持って過ごした、たいへんな土地だったのだなあと。
西区へ。
九大学研都市駅。
生の松原。
海も見えてきた。
元寇防塁だ。
高さは2.5メートルある。
翌朝、糸島に向かう途中で撮った。

早良区(福岡市)

最後にやって来たのは早良区。南北に縦長い地形をしている。最初に福岡タワーの展望台に行ってみようと向かったわけだが、バイクの駐輪場をうまく見つけられなくて、パスすることに。TNC(テレビ西日本)や、RKB毎日放送といったテレビ局も同じエリアに建っていて、お台場みたいな雰囲気があった。元寇防塁の跡地がこのエリアよりも内陸部にあったので、埋立地なのね、とも。
 
その後、早良総守護の紅葉八幡宮を訪れて、西新駅周辺を散策した。紅葉八幡宮からは地域に開かれた明るい気配を感じる。訪れている人も明るく見えた。西新駅近くの商店街は、歩道の真ん中で露店をしている人たちもいて、西新らしさを感じたというか。地元が早良区の先輩が、「天神まで行かずに、西新でよく飲んでたなあ」と言っていて、その居心地の良さもわかるような気がした。
早良区へ。
早良区役所。
紅葉八幡宮へ。
市街地を見渡す。
左の塔が福岡タワー。
西新周辺。
いい雰囲気だったなあ。

夜に、天神の屋台へ。

早良区でカブを停めてチェックインしたのち、シャワーを浴びて着替えて、天神へ向かった。着替えるといっても、旅の泥臭さが、僅かに回復するだけだけれど。
 
地下鉄に乗って天神へ向かう。改札を出てほぼ土地勘がないので、とりあえずみんなが向かっている方向についていくと、ああ、なるほど、巨大なイルミネーション群が現れた。人がどんどん、天神中央公園に吸い込まれていく。すごい人の数だ。そうか、今日は土曜日だったか。などと、最初は好奇心でたのしかったけれど、徐々にひとりでイルミネーションを歩いていることが切なくなり、まもなく離れる。
 
やがて、天神の屋台が並んでいるエリアに移動した。ああ、ほんとうに屋台がある、なんてことを思った。でも、まだ準備中のところが多かったので、怒られなさそうな場所で読書して、頃合いかなというタイミングで同じ場所に戻った。
 
すると、もうほぼ満席じゃないか。しまった、遅すぎたかな、とりあえず暖簾をくぐってみる? と、くぐってみる。あ、お店の人に気づかれていない、サッと戻す。しまった、これ以上同じ動作はできんぞ、どうする、と狼狽えていたところで、女将さんがちょうど近くに回ってきたので、「今、入れますか?」と尋ねると、「ここでしたらいいですよ〜」と端の席を用意してくれた。やった! 人生で初めての、天神屋台だった。
 
おそらく常連さんもいて、大将たちと明るく会話をしている。明らかに観光客であろうグループもいたけれど、すでに場の中に溶け込んでおり、どう過ごしてもたのしくなりそうな雰囲気だ。
 
ぼくは挙動不審にならないように、メニューをザッと見て、長居しすぎないように、焼き鳥やサイドメニューのおつまみ系ではなく、王道っぽく見えたおでんセットとラーメンを注文した。
 
暖簾をくぐった先にある夜灯りの世界で、美味しいご飯を食べられてすごくたのしかった。お酒も注文せず、初心者の過ごし方しかできていなかっただろうけれど、でも、ちょっとだけ新しい階段を登ったような、ささやかな満足感があった。
 
食べ終えそうなとき、大将が「どこからお越しで?」と聞いてくださった。
 
岡山から来たと返事をすると、ほかのお客さんがどこから来たか、順番に話を回してくださる。優しい大将だ。そして、隣のお父さんと娘さんの二人組が、同郷の岡山県です、となって、おお! となった。同郷はうれしい。あるあるの展開だが、そこからぼくが「岡山のどちらで……?」と聞いてみた。たいていは岡山市のことが多い。でも、そのお二人は「倉敷です」となって、同じだった。もう一段階、同郷が近づいた。深掘りするか迷ったけれど、せっかくなので、「倉敷のどちらですか? ぼくは倉敷の◯△小学校なんですけれど……」というと、娘さんの目がパッと反応して、「私も◯△小学校です…!」と。
 
小中学校が一緒だった。倉敷市も一応、人口40万人を越える中核市なので、小中学校まで一緒だった人が、偶然入った天神の屋台の、まさか隣の席にいるなんて、思わないじゃないですか。
 
初めての屋台で、すごくいい思い出ができたのだった。お腹いっぱいのくせに、もう少しお父さんと娘さんと話したくて、何食わぬ顔でラーメンの替え玉を頼んだけれど、気配りの効く大将のことだから、素知らぬ表情で替え玉を作ってくれながら、きっとその腹づもりもバレバレだったのだろうなあ。

というわけで、今日の散策はここまで。いつも思う法則だけれど、その街を巡ると、その街が好きになっていく。福岡にまた、訪れたい気持ちが増していった。

本日のひとこと
大濠公園で、マラソン好きなら誰でも知っている、現役のランナーが走っていた。市民の方々も、そのことを知っているようだった。とてもかっこよかった。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me