ふるさとの手帖

市町村一周の旅

日本海沿いに広がる、ダイナミックな糸魚川の景色。【旧市町村一周の旅(新潟県|11月5日―213日目)】

日本海沿いに広がる、ダイナミックな糸魚川の景色。【旧市町村一周の旅(新潟県|11月5日―213日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【67/175】

67/175
37.71%
訪れた旧市町村の数【623/2,093】
623/2093
29.77%
総計【690/2,268】
690/2268
30.42%

スーパーカブの総走行距離
18229km

旧中郷村→旧名立町→旧能生町→糸魚川市→旧青海町、の5つ。

日本海沿いに広がる、ダイナミックな糸魚川の景色。(2023年11月5日(日)―213日目)

旧中郷村(上越市)

東の空がピンク色に染まった朝7時。上越市の市街地から、旧中郷村へ進んでいく。一度、妙高市を通過してから上越市の旧中郷村へ向かう形なので、飛び地に近い。妙高市に入ると、こんなにも綺麗な山並みをありがとうございます。と言わんばかりの美しい景色が広がっていた。途中、「長野市 64キロ」の看板を見つける。うわあ、今日、今からでも長野県に行けるなあ。と心の中で長野市の景色を想像する。

旧中郷村は「中郷」という地名の通り、山間部に位置し、高い山々が近く見えた。上越市で見てきた景色とは確実に違う。どちらかと言えば、妙高の風景だ。

美しい山並みが広がる。

旧中郷村の市街地へ。

二本木駅。

妙高の高い山々が見える。
中郷区総合事務所。

旧名立町(上越市)

旧中郷村は山間部の集落だったけれど、今度は一気に日本海側まで35キロの移動だ。旧名立町では「道の駅 うみてらす名立」に訪れてみる。真鯛、イシガキダイなど新鮮な魚介類が並んでいて堪らない。ご当地の人気パンらしい「サンドパン」にも目を引かれて、さらに「新潟海洋高校相撲部のごっつぁんカレー」のパッケージの、高校生たちが美味しそうにカレーを食べる姿にとてつもないチャーミングさがあり、思わず買ってしまった。

旧名立町へ。
海が近い集落だ、という感じがする。

おお〜。
ご当地サンドパン、買いました。
ごっつぁんカレーも、買っちゃった。こういうパッケージ、好きなんですよね。笑
集落をもう少し歩く。

昔は町役場だった。

高速道路。
名立川が流れる。

旧能生町(糸魚川市)

先ほどの旧名立町で、上越市の14のまちを巡ることができたのだった。それだけでも十分達成感があったわけだけれど、ここからは糸魚川市の3つのまちを訪れる。

最初にやって来たのは旧能生町(のうまち)だ。旧名立町と同じく、日本海側に集落が多く広がっている。風が強く、日本海は白波が立ってきて、サーファーもすごく多い。

小泊の港町で思わず原付を止めた。港町の雰囲気に味があったのだ。山の麓の台地に、家と家同士の隙間がとても狭い家屋がずらっと並んでいる。おおむね屋根は黒く、それらが密集して、ひとつの統一感あるまちなみを形成していた。

風が強くなってきた。

バイクもいっぱい。
小泊にて。

集落がぎゅっと。

能生駅へ。

王様の椅子?

糸魚川市

旧能生町から約15キロほどで、糸魚川市の市街地へやって来た。市街地が大きく感じられる。黒い屋根の住宅に挟まれた道路を進み、市役所近くの天津神社・奴奈川神社まで行ってみる。市役所の街路樹から落葉したばかりの乾燥した葉っぱが、カラカラと揚げたての天ぷらみたいな音を立てて転がっていった。

それから、フォッサマグナミュージアムを訪れる。糸魚川市はヒスイの産地であり、太古にプレートの移動で地下深くのヒスイが出てきたそうだ。そして、フォッサマグナについて学こともできた。

フォッサマグナは元々海峡である。海底火山の噴火などで埋め立てられ、やがて陸地としてひとつにつながる。そのまま隆起していき、天城山や八ヶ岳、富士山など、錚々たる山地が誕生していったと。

黒い引き締まった住宅街。
糸魚川市役所。

天津神社・奴奈川神社。茅葺き屋根だ。

奥に山々がダイナミックに重なっている地形も、糸魚川らしい。
フォッサマグナミュージアムへ。
美しいヒスイ。ヒスイは変成岩って書いてあった。

青春。
日本海だねえ。

旧青海町(糸魚川市)

最後にやって来たのが、旧青海町。糸魚川市街地とは近くて、あっという間に旧青海町の市街地にたどり着いた。海が近くて、太平洋と日本海を逆にしたら、神奈川県の二宮町で見た風景のようだ。松林と青い海と。

そして、富山県と県境も近い親不知を目指して走っていく。急に登るし、ウネウネだし、日本海側で言えばオロロンラインよりもキツイ道のりだ。バイク乗りはこういう道が楽しいのだろうけれど、ぼくのカブ号はちょっと具合が万全ではなくて、山道もスピードがあまり出ないわけで、そういうときに後ろから速い車が近いてくると実に怖いのだ。何回も会釈して車に抜いてもらいながら、なんとか親不知まで無事に辿り着いた。

親不知は、見事な景色ですね。断崖絶壁の景勝地のようなところに、道路が通っていることにも驚かされる。道をひらいた人たちは凄いよ。

旧青海町へ。

青海事務所。

親不知までやって来た。
今は使われていないレストラン。

展望台からの景色。道がうねうねと続いている。

というわけで、今日の散策はここまで。親不知から上越市街地までは、約60キロも離れていて、いかに新潟県が東西に長いかを感じるばかりでした。安全運転で無事に戻ることができてよかったです。
 
本日のひとこと
11月5日の日記「糸魚川の親不知まで。ここを無事にクリアできたことは大きい。あとは十日町へ、しっかりと行くことだ。阪神、38年ぶり、日本一!!!
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me