ふるさとの手帖

市町村一周の旅

14のまちが合併した上越市を進んで行こう。【旧市町村一周の旅(新潟県|11月3日―211日目)】

14のまちが合併した上越市を進んで行こう。【旧市町村一周の旅(新潟県|11月3日―211日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【67/175】

67/175
37.71%
訪れた旧市町村の数【612/2,093】
612/2093
29.19%
総計【679/2,268】
679/2268
29.89%

スーパーカブの総走行距離
17938km

旧柿崎町→旧吉川町→旧大潟町→旧頸城村→旧浦川原村→旧大島村、の6つ。

14のまちが合併した上越市を進んで行こう。(2023年11月3日(金)―211日目)

訪れるまちがいくつ合併しているのか、事前にルートを決める段階で数えるけれど、上越市を数えてみると、「んー…14!?」とビックリしたわけである。今までで、一番多い数じゃないかな。西頸城(くびき)郡、東頸城郡、中頸城郡、といろんな頸城郡のまちが2005年、上越市に編入合併しているのだった。
 
1日では一気に巡ることはできないので、3日に分けて進んでいく。今日は上越市街地よりも東側の地域を巡っていこう。

旧柿崎町(上越市)

柏崎市を出発して、旧柿崎町にやって来た。国道8号線を走り続けていたら上越市の市街地に着くので、旧柿崎町も通り過ぎてしまう。そこを柿崎区総合事務所の方へ折れて進んでいった。ふと見上げると、白鳥の連帯が空を飛んでいる。数えてみると11羽いた。やっぱり新潟はいいなあ。目線を下げると半透明の丸い街灯が、朝日を浴びて光っている。

柿崎区事務所近くを散策したあと、「大出口公園」へ向かった。山を登った先にあり、湧水のある場所だ。道中もいい光が差し込んでくるので、なかなか前に進まなかったけれど、公園の湧水も、見渡す景色も素晴らしかった。

旧柿崎町へ。現在は柿崎区だ。上越市は多くが区でわかれている。

柿崎区総合事務所。

山並みが美しい。
大出口公園へ向かう。

ススキが広がる。
だいぶ標高の高いところに来た。
大出口公園周辺。湧水だ。
ひんやり気持ちいい。葉っぱもいい。
いい景色だなあ。

旧吉川町(上越市)

次に向かったのは、旧吉川町。山をぐんぐん降りて、市街地へ向かう。すると、吉川区総合事務所に到着する手前で、地元の小さなイベントが開催されているようで、立ち寄ってみた。JAのイベントなのかな。「かもめが翔んだ日」をはじめ、懐かしい曲が流れている。ちょうど、赤飯を売っていたので、朝ごはんに買おうかと思ったわけだが、ほんのちょっとだけ遠慮して後ろの方で並んでいると、ぜんぜん買えないのだ。横から地元のおばあちゃんがぐいぐい入ってくるのである。ハートの強さが足りないぞ、俺。それが3回ぐらい続いて、いたたまれない気持ちになって、赤飯を買うのはやめちゃった。

煙もくもく。

開けた景色で気持ちいい。
山もお見事。
イベントだ。

美味しそうな赤飯。

吉川区総合事務所。
周辺を散策した。

干し柿だ。

旧大潟町(上越市)

次に向かったのは旧大潟町。大潟水と森公園を目指して進んでいく。地名に「潟」がつくだけあって、周辺の景色もかなり平地になったと感じられる。祝日の大潟水と森公園は子ども連れの家族が多く、とても平和な時間が流れていた。

朝日池。

大潟水と森公園へ。

それぞれの、楽しみ方。

どうした〜!

大潟区総合事務所。

旧頸城村(上越市)

旧大潟町からさほど遠くない距離で、南東へ進んで旧頸城村へ入った。海のそばだった旧大潟町から、旧頸城村は海と山の間ぐらいの感覚。大池いこいの森を訪れると、キャンプ場になっていた。休日なのでキャンプを楽しんでいる人もいっぱいだ。「祝日だから人が多いなー」とギアを持って歩く若い人たちの会話も聞こえてくる。テントサイトでは冒険するように楽しそうな子どもたち。全国で、こうしたささやかな幸せが溢れているのかな。

頸城村の碑。
まちを歩きつつ。

大池いこいの森へ。
かっこいいなあ。

平和な休日だ。

旧浦川原町(上越市)

旧頸城村から、内陸に向かって進んで旧浦川町へやって来た。徐々に景色は低い山並みが増えてきた気がする。浦川原区事務所へ近づくにつれて、穏やかな保倉川の流れにも目をひくようになった。区事務所周辺を散策したあと、「虫川の大杉」と呼ばれる国指定天然記念物のスギを見に行った。白山神社の境内にそびえるスギで、樹齢は1200年以上だと。幹からわかれている枝の数がすごく多くて、千手観音みたいだった。

旧浦川原町へ。

保倉川の流れ。
浦川原区事務所。
キラキラ。

北越急行ほくほく線も通っている。
白山神社へ。
奥にあるのが、虫川の大杉だ。
枝の数がすごい。

旧大島村(上越市)

そして、今日最後に訪れたのが、旧大島村だ。浦川原を訪れるときの主要道路だった国道253号線に戻って、東へ進むとすぐに旧大島村へ入った。その国道沿いに「森の駅 大島青空市場」があって、立ち寄ってみる。「おやまの大将」というご当地のパンと「コシヒカリモナカ」なるものがあったので、食べてみることにした。パンはクリームとあんこのバランスがいいし、コシヒカリモナカは米なのかどうか全然わからない、フツーに美味しい。

旧大島村で、飯田邸という邸宅へ訪れてみるか迷ったけれど、ガソリンが残り少なくて、ガソリンスタンドも周辺部になかったので、断念することにした。そのぶん旧大島村の市街地を歩いてみる。

森の駅。

おやまの大将、美味しそう。
おやまの大将と、コシヒカリモナカ(とたこ焼き)を買った。ぜんぶ美味しい。
大島区総合事務所。
雪が降るわけだなあ。

ダイナミック。
秋らしい。

静かな暮らしを感じて。

というわけで、今日の散策はここまで。上越市の市街地以外に、こんなにもたくさん小さな地域が広がっているんだなあ、まだまだ半分も巡っていないのだなあ、という出会いが、また新しく心に刻まれたのでした。

本日のひとこと
パラグライダーで飛んでいる人もいた。空飛ぶ白鳥と、近づいたりして。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me