ふるさとの手帖

市町村一周の旅

広い長岡市のちいさなまちへ。【旧市町村一周の旅(新潟県|10月31日―208日目)】

広い長岡市のちいさなまちへ。【旧市町村一周の旅(新潟県|10月31日―208日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【67/175】

67/175
37.71%
訪れた旧市町村の数【597/2,093】
597/2093
28.52%
総計【664/2,268】
664/2268
29.23%

スーパーカブの総走行距離
17597km

旧寺泊町→旧和島村→旧与板町→旧三島町→旧中之島町、の5つ。

広い長岡市のちいさなまちへ。(2023年10月31日(火)―208日目)

やっと晴れそうだなあ。でも、西の空には雨雲のような雲も残っている。今からそっちに行くんだよなあ。と、長岡市を巡る日の朝のこと。

今年の8月、長岡花火を観に行ったけれど、長岡市そのものはとても広くて、11の市町村が合併している。日本海から山の暮らしまで、すこしずつ訪れてみよう。

旧寺泊町(長岡市)

燕市を出発し、弥彦村を抜けてたどり着いたのは、旧寺泊町。道中の景色を見ていると、ここ数日寒かったけれど、弥彦山の紅葉が進んでいる気がした。気のせいかな。でも、だんだん思いのほか晴れてくれた。

旧寺泊町では「魚の市場通り」が観光名所になっている。通称は「魚のアメ横」だ。広々とした駐車場に、平日でも関東ナンバーも含めた多くの車が停まっていた。お店を訪れてみると、活気がすごいな。ロケの取材チームも来ていて、ここでは日常茶飯事なんだろうなあと。お店の多くにはカニが並んでいて、こんなにもカニがいるのか、って、当然かもしれないけれど。カニって食べる機会があったとしても、一杯がドーンと机に鎮座している感じだから、数で圧倒されるカニは新鮮だった。

魚の市場通り。
いたるところに、カニだ。

角上魚類って東京にもお店があるけれど、寺泊が本社だと知った。
んん〜!

寺泊支所。
海の妖精、ではなく、海の妖精神。神様だ。

旧和島村(長岡市)

海岸線に沿って西へ進み、途中で内陸に入っていくと、徐々に景色がひらけてきた。空には今日も白鳥が飛んでいる。慣れてしまったけれど、すごい景色だ。

「道の駅 良寛の里わしま」で、良寛(りょうかん)さんが地域に愛されていることをひしひしと感じる。良寛さんは名家に生まれながらも出生を好まず、18歳で出家した禅僧だ。残した書や歌が多くの名だたる偉人に好まれているのは、人間と芸術が一緒になったような心の持ち主だったから。良寛さんに由縁がある道「はちすば通り」を静かに歩く。

良寛は、1758年越後出雲崎に生まれ、生涯を托鉢で仏道に励み、聖僧と言われるまでになりました。また、和歌や漢詩にも優れた作品を数多く残し、特にその書は神品とまで言われ厳しい修行と精神を表したものとして多くの人に感銘を与えています。
出雲崎町観光協会HPより引用

道の駅 良寛の里わしま。

長官さんがインスタグラムをはじめた。

はちすば通りへ向かう。

静かで穏やかで、気持ちの良い通りだった。

旧与板町(長岡市)

雪を地下水で溶かす消雪パイプの発祥の地は、長岡市だ。今では雪国の至るところで、消雪パイプの酸化によって茶色になった路面を見かける。それを見ると、「ああ、雪がたくさん積もるのだなあ」と、雪国の景色にもなっている。最近では消雪パイプの詰まりを修理するYoutubeチャンネルも、人気なんですよね。

旧与板町の市街地に向かっている途中、その消雪パイプから水が散水されていた。青空のもと、勢いよく飛び出す水が気持ちいい。近くに作業服の方々がたくさんいたので、冬に向けた点検作業なのだと思う。思わず原付を停めたのだった。

地下水は温かいので、雪を溶かすことができる。

長岡市与板支所。
茶色の白線。

まちの商店街。

与板城跡。往復1キロ弱だったので、登るのは断念。

旧三島町(長岡市)

旧与板町から、旧三島町へ向かう。山が近く感じられて、赤茶色の路面も多い。それが秋の景色にも似合っている。12時になったところで、防災無線から朗らかな音楽が流れてきた。あとから調べてみたら、「三島音頭」だそうだ。12時や17時、18時に流れる防災無線の音楽って、何かこう、身体に染み込むものがありますよね。

そして、蓮花寺の大杉を見に行った。樹齢は1300年といわれている。どうして大きな木を見ると、人間は感情が湧き上がるのだろう。せかせかした人間とは正反対にあり、じっと耐え忍んで生きてきた時間の長さに、太刀打ちできないからかな。太い幹の割れ目に、長い時間があった。

三島支所へ。

蓮花寺の大杉を見に行く。
大きいなあ。

光も綺麗だった。

旧中之島町(長岡市)

信濃川を東へ渡って、見附市に入る手前に広がっているのが、旧中島町だ。およそ東側の刈谷田川が、見附市との境界線だ。平地で見通しもよく、遠くには弥彦山も見えるけれど、山が迫っている感じはしない。空が広い。中之島支所の中心地を散策した。11月3日は、中之島一周駅伝大会があるみたい。

あとは雪を待つだけの、田んぼ。

イチョウ。

負けるな!中之島。

まちの看板。
中之島支所。
柿の収穫かな。

最高到達点を駆け抜ける。

というわけで、今日の散策はここまで。旧中之島町を訪れたあと、三条市の旧下田村に向かって、午後からは別の撮影に。お世話になった方のおうちに泊めさせていただき、夜はみんなで鍋を囲んで、いろんな話をしながら過ごして、久しぶりに大学生に戻ったような時間でした。

本日のひとこと
この日の夜、スノーピークさんの温泉にも行くことができました。普段はあまりサウナに入らないけれど(旅そのものがサウナみたいな感じなので)、今回はしっかりととのった。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me