ふるさとの手帖

市町村一周の旅

秋晴れの胎内市と新発田市の旅。【旧市町村一周の旅(新潟県|10月14日―191日目)】

秋晴れの胎内市と新発田市の旅。【旧市町村一周の旅(新潟県|10月14日―191日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【551/2,093】
551/2093
26.33%
総計【610/2,268】
610/2268
26.90%

スーパーカブの総走行距離
16480km

旧中条町→旧黒川村→旧紫雲寺町→旧加治川村→旧豊浦町→新発田市、の6つ。

秋晴れの胎内市と新発田市の旅。(2023年10月14日(土)―191日目)

今朝は10時過ぎまで、村上市でお世話になったおうちでゆっくり過ごさせてもらいました。ご家族みなさんとても温かく居心地が良くて、ほんとうにずっと居たくなるような場所。でも、進むことも必要なので急ぎすぎず、休みすぎず、怠らずに進みましょう。村上市を出発して、胎内市と新発田市の旧市町村を進みました。快晴で、夕方の西陽も澄んだ光です。

ご家族みなさんとても心の澄んだ方だった。
「もうすぐね、鮭、鮭の季節なの」

たくさんお世話になりました。ほんとうにありがとうございました。

旧中条町(胎内市)

村上市を出発して最初にやってきたのは、胎内市の旧中条町です。日本海を見渡せるはまなすの丘を訪れたあと、乙宝寺(おっぽうじ)を参拝しました。乙宝寺の開山は奈良時代の天平8年(736年)に遡り、聖武天皇の勅願によって、北陸地域一帯の平穏を祈り建てられたそうです。本堂の佇まいは堂々たるもので、多くの人々の心のよすがになった歴史の長さを感じます。

はまなすの丘へ。
村上市の方角。

まちなみを進む。

乙宝寺へ。

三重塔もあった。

旧黒川村(胎内市)

次にやってきたのは、旧黒川村です。黒川庁舎へ訪れると、またここもひとつの集落である雰囲気が漂っています。そのあとは元々、黒川石油公園と呼ばれる場所に行こうかなと考えていました。珍しい名前ですし。ただ、庁舎へ向かっている道中に「胎内観音」の看板を見つけて、もしかすると観光地かもしれないと調べてみて、道の駅が併設しているとわかり、目的地を胎内観音へ変更したのでした。

胎内観音と道の駅は、胎内川の渓谷沿いにあって、川のそばの広場では音楽ライブが聞こえてきます。あれ、そうか、今日は土曜日か。すっかり曜日感覚を失っていましたが、休日でイベントが行われていたようです。立派な門の先に佇む胎内観音は、後光を浴びてふんわりと鎮座していました。

黒川庁舎。名前がそのまま、黒川村役場のままだ。

道の駅胎内。

胎内川だ。
山の麓に胎内観音がある。

胎内観音。

旧紫雲寺町(新発田市)

ここからは、新発田市に入ります。最初に旧紫雲寺町の紫雲寺記念公園に行ってみると、海岸線沿いは整備された綺麗な海水浴場になっていました。犬の散歩をしている人もいますし、カフェも併設されているようです。ちょうどサーファーが二人、海から戻ってきたのですが、二人とも若い女性ですごくカッコよかった。なんだか眩しくて直視できなかったです。

紫雲寺記念公園の、藤塚浜海水浴場。
オシャレだ。

ちょっとだけ海沿いの雰囲気。
紫雲寺支所。

土も砂浜のようにさらさらしていた。

旧加治川村(新発田市)

次にやってきたのは、旧加治川村。市街地へ向かっていると、「加治川米コシヒカリ」と書かれたJA北越後の施設とすれ違いました。新潟県のお米もすごく美味しいだろうなあと想像が膨らみます。城跡でもある大天城公園に行くと、家族連れがテントを張って日陰で休んでいたり、子どもたちが森を走り回っていたり、休日のやさしい時間で溢れていました。

加治川米コシヒカリ。

小さな川も流れが綺麗です。
大天城公園へ。

森林浴だ。

旧豊浦町(新発田市)

新発田市の市街地を越えて、羽越本線沿いに走る国道を進んでいくと、旧豊浦町に入ります。中浦駅の先1kmほどで一本道を折れると、今度は雰囲気ある住宅街に変わり、その先に北越屈指の大地主であった市島家の屋敷、市島邸が現れました。受付で入館料の620円を支払うつもりが、「今日は企画展の初日で無料なんです」と聞いてビックリ。そんなことがあるんだ、心の片隅の片隅で、ラッキーと言います。

さすがは豪農の邸宅、とにかく敷地も広く、ぐるっと巡るのにかなり時間がかかりました。今の時代の豪華な家とはまるで違うけれど、昔の立派な建物は、心の豊かさを感じますよね。

豊浦庁舎。
国道460号線。
県の駅伝大会だ。

市島邸へ。

とにかく、光が綺麗でした。

竹林もあった。

新発田市

最後にやってきたのは、新発田市です。国指定名勝である清水園を訪れました。新発田藩は、初代藩主の溝口秀勝が入封(にゅうほう)して以来、江戸時代を通じて溝口家が治めています。清水園は三代・宣直と四代・重雄のときにつくられたもので、この地が清水谷と呼ばれていて、建物も清水谷御殿と呼ばれたことから、現在の清水園の名の由来になっているそうです。

市島邸も広い敷地でしたが、清水園もやはりとても立派で、隠れんぼなら1日中遊べそうです。周辺のまちなみや商店街も味があって、ここでどんな時間が流れていたのだろうと想像が膨らみました。

そして、最後に新発田城跡も訪れました。日はだいぶ傾いていて、強い逆光が差し込んだ櫓(やぐら)はシルエットになっています。お堀沿いは地元の方々の散歩コースになっているようで、ベンチに座って歓談する様子は、日常の一コマとして美しく目に映りました。

清水園へ。
立派な敷地です。

春夏秋冬見てみたい。
変わった装飾だ。

商店街へ。

新発田城跡。

お堀と日常。


というわけで、今日の散策はここまで。5年前に訪れた旅では、胎内市では乙宝寺、新発田市では新発田城跡を訪れていました。どちらも今日あらためて訪れましたが、これらの場所に加えて、さらに以前よりも見える世界が広がって、とてもありがたく嬉しいです。どの土地にも、暮らしの姿がありました。

本日のひとこと
胎内市も新発田市も、最初は漢字変換でなかなか出てこないですよね。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Siro Mattinen

    新潟県北蒲原郡中条町。これが私の生まれた街。ただし6歳の時に倉敷に引っ越してからは一度も訪れたことのない、自分のルーツでありながら、ちょっと出身地というにはこそばゆいような土地。市町村合併が進み、もう街の名前が変わっているだろうと思っていたけれど胎内市になっていたことをこの記事で初めて知りました。
    仁科さんが撮られた風景を眺めながらこんな場所に住んでいたんだと不思議な気持で見ました。海の写真を見た時に、なぜ自分が海が好きなのかわかったような気がしました。
    ありがとうございました。

  2. Siroさま
    コメントありがとうございます。読んでいただきとても嬉しいです。中条町のご出身なのですね。そして、地名が変わっていくこともなかなか気づかないですよね。海の景色、とても綺麗でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me