ふるさとの手帖

市町村一周の旅

国道101号線、秋田と青森の県境をすこし越えて。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月17日―164日目)】

国道101号線、秋田と青森の県境をすこし越えて。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月17日―164日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【487/2,093】
487/2093
23.27%
総計【546/2,268】
546/2268
24.07%

スーパーカブの総走行距離
15030km

旧峰浜村→旧八森町→能代市→旧二ツ井町→旧田代町→旧比内町→大館市、の7つ。

国道101号線、秋田と青森の県境をすこし越えて。(2023年9月17日(日)―164日目))

朝6時過ぎ。気持ちのいい朝日が地上に届いている。田園風景の広がる道を走っていると、白サギと並走した。アニメの世界みたい。走っているから、写真も撮れないけれど、会話できそうなほどの距離で。

旧峰浜村(八峰町)

最初にやって来たのは、旧峰浜村。沢目駅とその近くのまちなみを歩く。とても静かな朝だが、初めてのまちに来たときの、一本糸が張られているような緊張感もあった。

旧峰浜村へ。

必ずとまりたい。

山並みも徐々に険しくなってきた。

旧八森町(八峰町)

次にやって来たのは、旧八森町。大小さまざまな山が増えてきて、白神山地も近づいていることを感じる。

白瀑神社の境内の裏には立派な滝が流れていた。滝の前に立ち、最後の最後まで息を吐いて、すーっと息を吸い込む。滝の轟音と木々のざわめきを聞きながら、ただこれだけのことが、とても気持ち良くて。

そして、秋田と青森を結ぶ国道101号線の県境を訪れた。8月に青森県の旧岩崎村(深浦町)を訪れたときに、青森から秋田には、数百メートルほどオーバーランしていて、今度はそれの逆をやった。だから、この道がぼくにとって開通した。

この道に、特別な何かがあるわけではない。むしろ、何もない。だから何の自慢にもならない。誰かから聞いた、「秋田と青森を結ぶ日本海沿いの道が、とてもよかった」の言葉がずっと耳に残っていて、走ってみたかった。「この道を走りたい」とチェックしている道が、ほかにあるわけではない。国道101号線ぐらいだ。だから、ぼくにとってみれば、歴史的なことだった。確かに何もなくて、でもそばには日本海があって、自由で美しい道だった。

旧八森町。
白瀑神社へ。

おお〜。

見事な滝だ。
八森駅。

秋田と青森の県境。国道101号線。
稲穂と海。
八森のまちと雄島。

能代市

次にやって来たのは、能代市。朝に通過したけれど、戻ってきた形だ。以前の旅で訪れたときは、「旧料亭金勇」へ。とても立派な料亭だったと記憶している。

今回は違うところに行ってみようと思って、風の松原へ向かったけれど、行き方がよくわからずに断念。その道中、雉が5羽ぐらいいた。

今度は能代バスケミュージアムを訪れる。すると直前で通行規制がかかって、やがて能代八幡神社から、「エッサ、ホッサ」と御神輿が現れた。そうか、まちのお祭りなんだなあ。神輿が通過するのを待って、能代バスケミュージアムに入った。能代工業出身の日本人初のNBAプレーヤー「田臥勇太」選手を中心に、バスケット愛に溢れたたくさんの展示があった。スラムダンクだってもちろん。そう、山王工業高校は、能代工業高校がモチーフだ。ほかにも高校の練習試合が配信されていたり、男女、プロアマ問わず、いろんな紹介がなされていた。

すでに有名でありながら、先日のW杯でもさらに名を上げた河村勇輝選手の、3年前のインタビュー記事があって、ぜんぶ読んでしまった。元々はバスケの指導者になるつもりだったって、ぜんぜん知らなかった。かっこいい心の持ち主だ。

能代大橋。

市街地を歩く。

神輿だ!

「バスケの街 能代」能代バスケミュージアムへ。
試合映像だ。
田臥勇太さん。
能代工業の黄金時代を築いた、故加藤廣志監督。
最高だ。
いい記事だった。

旧二ツ井町(能代市)

能代大橋で渡った米代川を上流に進んでいくと、旧二ツ井町がある。「きみまち阪県立自然公園」に訪れると、「恋文コンテスト発祥の地」だと書かれてあった。

恋文コンテストは、平成6年から平成15年の10年間に渡って開催されたそうだ。その恋文コンテストの舞台となったのが、旧二ツ井町。その由来は、明治天皇のロマンチックなエピソード。

明治14年、東北巡幸の折り、二ツ井町を訪れた明治天皇を、皇后のお手紙が待っていました。
「大宮のうちにありてもあつき日をいかなる山か君はこゆらむ」
夏の長旅を気遣う皇后からの「恋文」を受け取った明治天皇は、その地の美しさに深い印象を抱かれ、「徯后阪(きみまちざか)」と命名されました。それが現在の県立自然公園「きみまち阪」です。
 この優雅な命名の由来を愛する二ツ井町が、恋文復権を全国に発信しようと始めたのが恋文コンテストでした。
 10年間に寄せられた恋文は、34,227通にも及びました。
(HPより引用)

今も能代市のHPでは、1日1通、『今日の恋文』が紹介されている。かつてのコンテストで入賞したものだけれど、恋の心は色褪せない。かつて平安時代を生きた人々が、和歌で恋心を詠んだように。みなさんはラブレター、書いたことがありますか?

きみまち阪公園。

コンテストに届いた、恋文の数々。

二ツ井の市街地へ。

コメリと火の用心。

旧田代町(大館市)

能代市から東へ進んで、旧田代町へやってきた。まちの中心部である早口駅周辺を歩いたあと、「小畑勇二郎記念館」を訪れる。

旧田代町出身の故小畑勇二郎さんは、かつて6期24年間のあいだ、秋田県知事を務めた方。秋田市の市街地計画を立案し、当時抱えていた膨大な県の赤字を解消し、さらには八郎潟の干拓事業をおこなった。つまり、今の秋田の基礎を築いた偉人だ。

恥ずかしいことだけれど、小畑さんのことを今まで知らなかった。でも、八郎潟のあの大干拓を行った人なんだ、と、それだけでも凄みを感じた。干拓の必要性も利権ではなく、食料自給率を上げ、財政を立て直すためにどうしても必要だったと。もちろん反対するのは八郎潟の漁協組合だ。漁家は約3000世帯、20000人の生活が八郎潟の干拓で影響を受ける。補償の妥結、工事の着工、完成、ここに至るひとつひとつの時間の流れの重さを思うと、首を横に振りたくなる。

そして、たぶん20年以上前、すごく昔のポスターの文章に、「物から心へと移る時代 求めることから 与えることへと変る時代ではないか」と、小畑さんが書き残していた。その通りだなあと、つくづく。

田代総合支所。

ダイエー背番号2。たぶん、山内美加さん。

小畑勇二郎記念館へ。

ぼくらへのメッセージ。

旧比内町(大館市)

今まで、比内地鶏の存在は知っていても、おぼろげに秋田の特産だと思っていた。それが、ようやく「そうか、今は大館市だけれど、比内町だ!」と気づく。

比内総合支所の前は「コケコッコ通り」と、そのままの名前が名付けられ、大小のニワトリの銅像やモニュメントたちがいた。

そして、まちからは離れているけれど、大葛(おおくぞ)温泉に行ってみることにした。温泉に行く道中も素朴で良い。辿り着くと軽トラがいっぱいで、地元の方々を中心に賑わっていた。体を洗うとき、シャワーではなく共有のお湯を使うことが、初めての経験だった。説明しづらいけれど、そうめん流しを巨大化した感じ。お湯が一方向から流れ出ていて、それを桶ですくうのだ。もちろん桶が余裕で入るぐらいの幅と深さがある。特に違和感もなかったし、なるほどなあと思わされた。

お湯は格別。体を内側から癒してくれるような。行ってよかった。

旧比内町へ。
休憩所があった。
比内総合支所。
ニワトリさん。
コケコッコ通り。
とっと館。

大葛温泉。とてもよかった。ちなみに、入浴料150円ですからね。衝撃。

大館市

最後にやって来たのは秋田犬の発祥の地、大館市。5年前に来たときと、駅前の雰囲気がぜんぜん違って驚いた。秋田犬と触れ合える(かもしれない)施設は、時間的に閉まっていたので訪れていないけれど、秋田犬の銅像がいくつかの場所で建っていて、聖地だと伝わってくる。

秋田犬は、大きくてとても賢い犬種だ。主人以外にはあまりなつかない。この前、稚内市でアイヌ犬と出会って飼い主の方に話を聞いたけれど、アイヌ犬もあまりなつかないと言っていた。かわいい犬ほど、賢くて、おとなだ。

大館市へ。
立派な秋田犬会館。

大館市役所。かっこいい。
まちなみ。

大館駅。工事中。

駅前にも秋田犬の里という施設がある。
日が沈みますね。

というわけで、今日の散策はここまで。昨日の千秋花火で聞いた秋田県民歌を、今晩はネットで聞く夜でした。

本日のひとこと
大館市でファミレス「トマト&オニオン」に初めて入ってみた。全国チェーンみたいだけれど、知らなかったなあ。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

米子から大山寺まで、ご家族にお世話になりながら。【旧市町村一周の旅(鳥取県|7月7日―457日目)】

米子から大山寺まで、ご家族にお世話になりながら。【旧市町村一周の旅(鳥取県|7月7日―457日目)】

前日から伯耆町にてご家族にお世話になっており、今日も伯耆町のおうちから出発していきます。米子市から旧淀江町、大山町と進んで行きました。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都市の区の数 【87...
過去の旅と記憶がつながるとき。雲南市や旧宍道町、旧斐川町へ。【旧市町村一周の旅(島根県|6月26日―446日目)】

過去の旅と記憶がつながるとき。雲南市や旧宍道町、旧斐川町へ。【旧市町村一周の旅(島根県|6月26日―446日目)】

朝、外に出ると思いのほか晴れている。じんわりと暑くなりそうな予感。奥出雲町の仁多を出発して、これから雲南市へ降りていく。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都市の区の数 【87/171】訪れ...
たたら製鉄の歴史が残る土地。雲南や奥出雲へ。【旧市町村一周の旅(島根県|6月25日―445日目)】

たたら製鉄の歴史が残る土地。雲南や奥出雲へ。【旧市町村一周の旅(島根県|6月25日―445日目)】

今日は飯南町を出発し、雲南市や奥出雲町へ向かっていきます。いずれも島根県の中山間部に位置する町で、特に旧吉田村のたたら製鉄の歴史は、非常にインパクトが強かったです。それでは、振り返って行きましょう。今日までの旅メーター訪...

Follow me