ふるさとの手帖

市町村一周の旅

田村市の5つの旧町村を巡ろう。【旧市町村一周の旅(福島県・82日目)】

田村市の5つの旧町村を巡ろう。【旧市町村一周の旅(福島県・82日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【271/2,091】
271/2091
12.96%
総計【315/2,266】
315/2266
13.90%

スーパーカブの総走行距離
6600km

旧都路村→旧常葉町→旧滝根町→旧大越町→旧船引町、の5つ。

2023年6月27日(火)田村市の5つの旧町村を巡ろう。(日本一周82日目)

昨日は葛尾村で働く、大学の同級生のへるしーの家に、宿泊させてもらった。そして、昨晩から水にひたしておいた郷土食の「凍(し)みもち」を、へるしーが焼いてくれた。

大きい!

昨日は小さかったお餅だけれど、水に浸すことでぷっくら膨らんでいた。焼いてくれたあとに、醤油と砂糖でかじりつく。んん〜美味い。お餅の中に、やさしい草の葉の香りがした。また食べたいし、すでに恋しくなっている。

へるしーありがとう!

ここでへるしーとはお別れ。福島で会えてうれしかったなあ。自分は自分の活動をがんばろうと思えた。また会える日まで。

旧都路村(田村市)

そして、今日は田村市の旧市町村を巡っていく。田村市は2005年に、5つの町村が合併してできたまちだ。最初にやってきたのは旧都路(みやこじ)村。まちの中心部へ向かおう。

葛尾村を出発。
旧都路村へ。

旧都路村は浜通りと中通りの中間地点辺りに位置している。高台から集落がどん、と広がっているのが見えた。

帰っぺ!

都路行政局。
渋い。

休肝日は大事。

冬は寒いのだろうなあ。
ひっそり咲いていた。

時間の流れが変わらないような、静かな気配を感じた。

旧常葉町(田村市)

そして、次にやってきたのは旧常葉町。良い名前のまちだなあと思った。舘公園と、まちの中心街へ。

舘公園へ。
常盤城がある。

常葉町のまちなみ。
中心街へ。
カブトムシだ。

今は休業しているみたいだけれど、常葉町にはムシムシランドという昆虫のテーマパークがある。行ってみたいよね。

ハイリャンセ。ときわ交流スペースだ。
中に入ってみた。
ちょうど障子のはりかえ中だった。

女性の方が障子のはりかえをしているところで、少しお話もできた。常葉町を面白いまちにしようと生まれた交流スペースだそうだ。女性の方は常葉町の出身で、このまちには思い出がたくさん残っている。けれど、昨年に常葉町で生まれた子どもは二人だったそうだ。若い人が流出してしまう、新生児が減ってしまう、という課題を抱える自治体は多いと思うけれど、わたしたちもできることをやっていくんだと。生まれ育ったまちで。

現場で行動されている人が、いちばんかっこいいと思う。人の思いが、やがて伝播していくはずだから。

旧滝根町(田村市)

次にやってきた旧滝根町には、二つの鍾乳洞がある。ひとつは「あぶくま洞」。聞いたことがある人も多いかもしれない。そして、もうひとつが「入水鍾乳洞」。後者はケイビングのように、ダイナミックな探検ができる鍾乳洞だ。

どちらに行こうと思って、入水鍾乳洞に向かってみることにした。

旧滝根町へ。
入場料を払って、入ってみよう。

コースが複数あって、端的に言えば、ずぶ濡れにならないコースと、ずぶ濡れになるコースのふたつだ。入水鍾乳洞の魅力は、「ずぶ濡れ」にあるわけだけれど、ぼくは服装が着替えに対応できないので、悔しいながらも濡れないシンプルなコースを選んだ。

いざ。
入った瞬間、「寒い!」

そして、とても狭い。あちこちぶつけて、さらには結構登る。まさに冒険型の鍾乳洞だ。

あちこちで水が流れていた。

濡れないAコース終点。
この先のBコースは、前提として川のように濡れる。

もちろん、Bコースには行きたかった。いつかはリベンジしたいものだ。とてもスリリングな鍾乳洞だった。

今度は滝根行政局も近い、神保駅へ。
駅前の通り。

手書きだ。

住所表記が手書きで書かれているのは初めてみた。すごく面白い。

旧大越町(田村市)

そして、今度は旧大越町へ。5つの旧町村の中では、いちばん小さなまちだ。

踏切の近く。
大越行政局(裏だった)。

良い道。

見渡神社という神社へ行った。
ひっそりと。

旧船引町(田村市)

そして、最後に訪れたのは旧船引町だ。田村市の中ではいちばん人口の多いまちだと思う。

旧船引町へ。
この階段がすごく好きでして。

実は田村市のこの辺りに来るのは、3回目だ。だから、覚えている景色もある。特にガストが目の前にある団地の風景と、そこから臨むまちなみは、田村市らしい景色だなあと感じていた。

団地のある風景。
ガストも目立つ。奥には船引のまちなみ。
大鏑矢公園。
朴橋(ほおのきばし)のお人形様へ。

田村市には有名なお人形様が3体いらっしゃる。お人形様は江戸時代に疫病退散のためにつくられたもので、大きく手を広げ、鋭く睨みをきかす、迫力あるお人形だ。一番有名な「屋形のお人形様」は見たことがあったので、今回は朴橋のお人形様を訪れた。

見えてきた。
迫力あるなあ。
毎年地元の方々によって、衣替えが行われている。

横顔。
かっこいいなあ。

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館に行ったときも、お人形様を見る機会があったけれど、やっぱり現地で見ると木々の自然と相まって、迫力が増すと思った。


というわけで、今日の散策はここまで。今まで田村市を旧町村の姿で意識したことはなかったけれど、かつてはそれぞれが独立して存在していたことを確かに感じた。もちろん残っていくもの、なくなっていくもの、どちらもあるだろう。だから、ちょっとでも土地に触れられることが、とてもありがたく感じられる。

(次回へ続きます)

本日のひとこと
葛尾村で見た星空が、とても綺麗でした。

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me