ふるさとの手帖

市町村一周の旅

町の歴史と神秘的な洞窟探検。【市町村一周の旅】

こんにちは、かつおです。

今日は即位礼正殿の儀でしたね。東京は午前中雨が降り、儀式の際には晴れ間が垣間見え、皇居に虹がかかったといいます。天叢雲剣ってすごいですね。

ちなみに僕が鳥取県八頭町へ行った際は、雨予報ではありませんでしたが土砂降りでした。実際ヤマタノオロチ伝説は島根県とされていますので信じるかどうかはあなた次第ですが、その時は「そりゃ雨降るよね〜」と思ったことを思い出します。

さて、今日は福岡県を巡っています。午後からは北九州お住まいのゆうちゃんに市内を案内していただきましたよ〜!

鞍手町→中間市→直方市→(北九州市)
 
それでは振り返っていきましょう。

 

朝焼けが綺麗でした。ー宗像市ー

冷え込みましたね。

 

鞍手町

最初にやってきたのは鞍手町。

朝のウォーキング。

清々しい朝です。

がたんごとん。

 

世界遺産、遠賀川水源地ポンプ室。ー中間市ー

鞍手町から次は中間市。中間市では明治の産業革命による遺産群で世界遺産にも登録されている「遠賀川水源地のポンプ室」があります。

遠賀川の川沿いにあります。
BE KOBEみたいな。
こちらがポンプ室。

 

遠賀川の河口から約 10 キロにある八幡製鐵所の送水施設。八幡製鐵所第一期拡張工事に伴う工場用水不足を補うために1910 年に創業を開始しました。

このポンプ室のすごいところは、動力が蒸気から電気に変わったものの、現在も稼働中ということです。

八幡製鐵所で必要不可欠だった水を、このポンプ室が支えたのですね。

遠賀川の河川敷。
どうも。
中間市の町並み。

直方市石炭記念館。ー直方市ー

次にやってきたのは直方市。石炭記念館へ向かいました。

直方市へやってきました。
直方駅近くの商店街。

直方駅。シックでかっこいい。
大関魁皇の像がありました。直方市出身です。

石炭記念館。こちらが本館。

 

筑豊石炭の組合における会議所として建てられたものです。

別館。主に資料室になっています。
蒸気機関車。

即位礼正殿の儀ということで、入館無料になっていました。
展示を色々と見て回ります。

ダイナマイトで発破して、石炭を採掘するまでの工程や道具の紹介を見ることができました。

本館の中。明治風です。

救護訓練坑道。救助隊の練習所として作られたものだそう。

直方碑。

 

館長さんが色々と話をしてくださって、直方の歴史は福岡藩の石炭開発によっていまにつながる発展を遂げたということを熱く教えて頂きました。ありがとうございます。

冷たい水の中を歩いて行く、千仏鍾乳洞。ー北九州市ー

直方市を巡った後、北九州市に戻りましてお友達のゆうちゃんが市内を案内してくださりました。

 

小倉駅。やっぱり大きいです。
タピオカならぬ、わらび餅。
お昼にお寿司のランチをいただきました。
涙ちょちょぎれ。

 

お昼の後に向かった先は平尾台というカルスト台地。そしてその奥にある千仏鍾乳洞へ連れて行っていただきました。

平尾台。石灰岩があちこちに。

千仏鍾乳洞は膝下まで濡れる!?


鍾乳洞へやってきました。

色んな鍾乳洞に行ったことはありますが、千仏鍾乳洞は「ケービング」に近い形で水の中を歩きながら散策することのできる一風変わった鍾乳洞。靴下を脱いで、長ズボンをめくり上げて入っていきます。

鍾乳洞へ。
途中から、道の上に水が流れ始めます。

 

序盤は水に濡れることなく中を散策することができますが、途中から水が行く手を阻みます。水の中へ入りながら、奥へ奥へと進んで行くということですね。

めっちゃ冷たい。

浸かり続けると痛くなる冷たさ。

 

水温は年間を通して一定ということですが、この時期に水に浸かると結構冷たくて、途中で我慢できなくなるぐらい。気合いで進みました。

途中でUターン。

 

一般の人が通れるエリアは片道約900m。そこから先は本格的な装備でないと入ることができません。同じく水の中を、今度は逆戻り。

冷たい〜。

 

なんだかアトラクションみたいでホント楽しかったです。家族で来ると親御さんも子供もきっと楽しいですよね。

日が沈んで行く。

 

ということで、ゆうちゃんに時間を作っていただき観光地へ連れて行っていただきました。久しぶりにお会いできてお話もたくさん!楽しかったです、本当にありがとうございました。

明日以降天気が下り坂ですが、まだまだたくさん、しっかり進まなきゃ。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Today, I went to the beach front with my kids. I found a sea
    shell and gave it to my 4 year old daughter and said “You can hear the ocean if you put this to your ear.” She placed the shell
    to her ear and screamed. There was a hermit crab inside and it pinched her ear.
    She never wants to go back! LoL I know this is completely off topic but I had to tell someone!

  2. Greetings! Very helpful advice within this post!
    It is the little changes that will make the most important changes.

    Many thanks for sharing!

  3. Very shortly this website will be famous amid all blogging visitors, due to it’s fastidious posts

  4. It’s hard to come by educated people about this topic, but you seem like you know what you’re talking about!
    Thanks

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me