ふるさとの手帖

市町村一周の旅

最後の最後47都道府県目、大阪府に入ろう。【日本一周267日目12.17】

最後の最後47都道府県目、大阪府に入ろう。

こんにちは、かつおです。いよいよ都道府県も最後、大阪府へ入ります。旅もラストスパートですね。

今日のルートですが、

【出発】和歌山市→岬町→阪南市→泉南市→田尻町→泉佐野市→熊取町→貝塚市→岸和田市→忠岡町→和泉市→泉大津市→高石市→【到着】堺市
 
新たに13の町へ行きました。それではいってみましょう。
 
お別れ前に和歌山市スナップ。

また来ます和歌山。

 

おかげさまで和歌山県も全ての市町村へ行きました。めちゃめちゃ面白かったです。海と山の自然、食、和歌山県にしかないものをたくさん知りました。また早く来たいな。

岬町

それでは和歌山にお別れをして、まずやって来たのは岬町。

名前の通り、海も近い。

今日は晴れたり曇ったり。

阪南市

次は阪南市へ。

朝の掃除かな。
コミュニティーバス

電車待ち。

 

泉南市

次は泉南市。

泉南市役所。

住宅街っていう感じ。
昨日は雨でした。

田尻町

次は小さな田尻町。

晴れれば青空。

たこ焼。

りんくう公園ー泉佐野市ー

そして次は泉佐野市のりんくう公園へ。

橋の先は関西空港。
石が白くて綺麗。
ちょっとずつビルも見えてきた。
松原。

熊取町

そして少し内陸部、熊取町へ。

役場近く。

いろんな新聞。

 

龍谷山、水間寺。ー貝塚市ー

そして次は貝塚市の水間寺へ。天台宗の由緒あるお寺です。

お馬さんとお寺。

参拝。
歩いていてとっても気持ちい神社でした。

恋人の聖地だって。

 

岸和田城ー岸和田市ー

そして次は岸和田市へ。岸和田といえば「岸和田だんじり祭」

「遣(や)り回し」の迫力は言わずもがな有名で、全国各地からお客さんが集まります。そんな岸和田はそもそも城下町であり、岸和田城を中心に栄えた場所でした。

岸和田城。
城下町の町並み。
岸和田の町並み、知らなかった。
いい町だなぁ。

 

いつかだんじり祭を直接見にいきたいです。

忠岡町

あともう少し、次は忠岡町。

忠岡町へ。
運動場。

町役場近くです。

鳩ぽっぽー。

 

池上曽根史跡公園。ー和泉市ー

次は和泉市、池上曽根史跡公園。弥生集落の遺跡が復元されています。

広ーい公園。
藁が綺麗。

休憩。

 

大阪は遺跡がたくさん残ってると感じます。

 

助松神社ー泉大津市ー

そして次は助松神社。ここには天然記念物の神鶏が身近で見られる少し不思議な神社。

悠々たる神鶏。
何匹か放し飼いにされています。
参拝もしました。

良い雰囲気も。

高石市

次は堺市の手前、高石市へ。

カモン、たかいし
役所近くに公園があって、子供達が放課後たくさん遊んでいました。

信号が待ちきれない。

大仙公園ー堺市ー

そして最後は大仙公園へ。仁徳陵と履中陵に挟まれた公園です。

この先には教科書でよく見る仁徳陵古墳が。

 

そう、この巨大な古墳です。
近くで見るとこんな感じなんだ。
大仙公園には利休像も。

僕の思ってた大阪のイメージはとても小さな狭いもので、まだまだ知らない世界がたくさんあることを感じた1日。

明日もいい日になりますように。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 岸和田の次が泉大津になっていますが写真からするとそこは忠岡町です

  2. 確かに忠岡町でしたので、修正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me