ふるさとの手帖

市町村一周の旅

懐かしい風情を懐古するように。【日本一周182日目09.26】



昭和村→(S)南会津町→①下郷町→②天栄村→③西郷町→④白河市→⑤泉崎町→⑥中島村→⑦矢吹町→⑧鏡石町→(G)須賀川市

懐かしい風情を懐古するように。

こんにちは。なんだか雨が多いなと思うと台風が近づいてきましたね。雨より風の方がカブ号の敵です。

さて、今日は昭和村のとある宿さんから、再び中通りへ目指して進みます。

ルートですが、
昭和村→(S)南会津町→①下郷町→②天栄村→③西郷町→④白河市→⑤泉崎町→⑥中島村→⑦矢吹町→⑧鏡石町→(G)須賀川市

です。序盤の懐かしい原風景から徐々に町へと景色も変わって行きました。それでは行ってみましょう!

①南会津町

まず、昨日から泊まらさせていただいた「とある宿」を出発します。

福島の研究チームさん。今日も研究です。
最後に1枚。楽しいお時間をありがとうございました。
また来たいな。

 

では、南会津町へ。

途中の洞門。
そして、南会津町。
晴れ間も見えて来た。
役場近く。
良い時間。
懐かしいな。

②大内宿ー下郷町ー

そして次にやって来たのは下郷町の大内宿。福島県でも随一の観光名所として知られています。
会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町で、通年を通し約120万人の観光客が訪れます。

山道を越えて大内宿へ。
着きました。一気に道がひらけます。
大内宿。
茅葺の民家が立ち並ぶ。

湧き水で冷やすラムネ。

まちなみを一望。

茅を敷く。

 

江戸時代にタイムスリップしたような、そんな時間でした。

③「パスポートのいらない英国」ブリティッシュヒルズー天栄村ー

そして次に向かったのは天栄村にある、ブリティッシュヒルズという場所です。

Welcome to British Hills

 

British Hills is both an English language training center and a resort hotel promoting international exchange and communications. You can enjoy English here.

British style
cool

entrance

「パスポートのいらない英国」をテーマに英語の研修施設や宿泊施設が整っており、この日も中学生が研修に来ていました。建物内の公用語は英語、日本語も使えるそうですが、標識も基本的にはすべて英語でした。建物もイギリス様式で、英国好きにはたまらない場所だと思います。

④西郷村

次は西郷村へ向かいます。

西郷村へ
田んぼはこれ以上なく黄金色
昨日宿で、「移動式セブンが大人気」という話があって、ここは普通のコンビニだけど確かにスーパー並みに車とまってるなって。

⑤百名城、白河小峰城。ー白河市ー

そして次に向かったのは白河市。白河の関というのは歴史上有名な場所だったりしますが、今回は小峰城という日本100名城のお城へ向かいます。

とても綺麗。
お掃除ありがとうございます。
石垣。
小峰城の中へ。百名城の中では珍しく、無料で見ることができます。
四角、三角

 

小さなお城ですが戊辰戦争の激戦地であり、復元された三重櫓は美しかったです。

⑥泉崎村

そして次に向かったのは泉崎村。

村役場
実るほど頭の垂れる稲穂かな
優しいおじいちゃんとも仲良くなりました。お家のお庭にて。

 

⑦中島村

あともう少し、次に向かったのは中島村。

中島村。
秋の実。
拡声器の声が聞こえたので行ってみると、交通安全パレードなるものをやっていました。

 

⑧矢吹町

もう少し、次は矢吹町。

矢吹町は日本三大開拓地の一つでもあります。

気持ち良さそう。

 

⑨鏡石町

次は鏡石町へ。

住宅街へ。
佇むように

 

看板。

 

⑩乙字ヶ滝ー須賀川市ー

そして最後に向かったのは乙字ヶ滝という滝です。須賀川市と玉川村の境界にあって、松尾芭蕉も句を詠んでいます。日本の滝百選の一つ。

やって来ました。

芭蕉の句碑
そして乙字ヶ滝。
ん〜立派な滝でした。

曇ってはいましたが雨の影響で水量十分。音もいい音していました。

その後、郡山市に移動してオイル交換をしてもらい、ネットカフェで就寝です。福島県ももうすぐ終わり、最後頑張って進もう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me