かつての中山道・木曽路を進む。【日本一周129日目】

かつての中山道・木曽路を進む。【日本一周129日目】

宿場の名残を見つめながら昔に帰る。

今日メインで通って行くのは「中山道」という道。江戸時代の五街道のひとつで、京と江戸を結んだもの。中山道は木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれ、参勤交代や大名や皇族のお輿入れにも盛んに利用されました。

この日は長野県から木曽路を通って岐阜県へ向かいます。

本日のルート。
長野県南箕輪村→木曽町→王滝村→上松町→大桑村→南木曽町→岐阜県中津川市→恵那市→瑞浪市→土岐市→多治見市 
です。さぁ、行ってみよう。

昨日は夕立で豪雨だったんですが今日入道雲はありません。

これより木曽路。

最初は木曽町。深い谷に家々が並びます。

標高は770mほど。

次は王滝村という場所ですが、木曽路から外れてさらに山奥へ進んだ先にある秘境だ。

王滝村へ。

雰囲気がなんというか独特だった。

そして、御嶽神社里宮という神社へ向かう。

秘境って感じがすごい。高さのある階段を300段以上登っていく。

御嶽山麓の神社として、この山奥へ多くの人が参拝しに来ていたらしい。

マイナスイオン全開。

到着。ここは手水舎という手を清める場所ですが、飲むこともできる。
キンッキンに冷えてました。ずっと触れないほど。汗だくなので、全力で飲みます。

その後参拝して、ぱわー。

御嶽山ってすげぇんだろうな、と素人なりに伝わってきた。

不思議な雰囲気。ー王滝村ー

 

ここからまた木曽路へ戻り、次に進んでいく。到着したのは上松町。

まちの中心街。

どことなく昔の雰囲気。

木曽路の家々の特徴は赤いトタン屋根だ。これまで北陸や長野は黒いしっとりとした家屋が多かった。

次は大桑村。

村を眺める。

線路も一緒に走る。

道の駅 大桑。

その後、南木曽町へ入る。

宿場町の趣。

南木曽町は「妻籠宿」という宿場町。聞いたことがある人もいると思う。

あたたかい町が並ぶ。

幾人もの旅人が踏みしめた道。しっかりと歩いた。

ここから岐阜県に入ります。

最初は中津川市。

県境の道の駅。ここからだんだんと木曽路を抜けて開けていく。

中津川市に入ってきました。まちだけど、緑も多くて何処と無く変わっている。

まちなか。

次は瑞浪市。

地球回廊。地下を利用している展示館で、地球の誕生について勉強できる。

レッツ。

古代の樹木。

昔の生き物。

地球の誕生かぁ。

旅をしていて色々な気づきはあったけど、地球や歴史のことを考えると自分はあまりに小さい存在だ。

次は土岐市。

織部の里公園。

美濃窯最古の連房式登窯で当時の姿が残っている。

最後、多治見市へ。

やってきたのは永保寺というお寺。

立派な建物。

散歩して、参拝しました。

多治見を上から。ここが日本で一番暑い街。

暑さと一緒に進む。

多治見の最高気温は39度、多分体感したのは初めてだったけど、風吹けば「ゴゴゴゴ」みたいな。うーん、まぁ確かに暑い。しばらくは続くので気をつけながら進んで行きたい。夜銭湯で汗を流して、ネットカフェで就寝しました。

コメントを書く

*

日本一周




最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

目次ただ、個人的なこと。「日本は広いです。」 ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思って...

Follow me