ふるさとの手帖

市町村一周の旅

あやおの創る家 in 能登島。【日本一周119〜120日目2018.07.23~24石川県No.428】

珠洲市から能登島へ。

見附島キャンプ場で起床。テント張ったんだけど、暑かったから結局外で寝ちゃった。テント張った意味は、ない。

朝焼けが綺麗だった。

静かな朝。

ここから今日は能登島に向かっていく。同じ能登半島だけど距離はあります。

最初に寄った能登町。

自販機。

まち。

路地裏。

ちなみにこれで石川県の市町村は全部写真を撮った。

市町村完走は大分、福井に次ぐ3番目。簡単なようで能登半島が長いのでよく走ったと思う。

 

ここから今日の目的地、能登島へ向かいます。

海がとっても青い。

この橋を渡ると能登島に。

海は透き通ってる。

緑と青のコントラスト。

あやおの「創る家」 in能登島

今日の目的地はここ能登島にある古民家。その名を「創る家(うち)」

家の前の看板。

島ニート あやお。

ここの家主はあやおさんっていう女性の方。本人は島ニートって言ってるけど、食料は家の前にある畑で自給自足、食器は自分で焼いたもの、とにかくなんでも「創っちゃう」のがあやお。

あやお。

 

お家の中をぐるっとみても、細かいところまでぜーんぶあやおプレゼンツ。

電気の紐。

イヤリング。

これもあやお作。

そもそもどうしてここに?

どうしてこのお家にお邪魔したのかというと、SNS(インスタ:@asaiayao フェイスブック:@tukuruuchi)で存在を知って「行ってみたい!」と思ったから。面識はなくて、基本的に宿泊はあやおの友達の友達まで、って範囲でしかやってない。ので、断られる可能性も十分にあったんだけど、運よくオッケーって言ってもらえた。

個性豊かな宿泊者たち。

正直僕みたいに日本一周している人ってどこにでもいて個性なんてまるでないんだけど、この日一緒に泊まった人たちはみんなキャラが濃かった。

あやおのお友達のちょこさん(右)とばば(猫)。

一緒になった宿泊者、あやおのお友達のちょこさん。新宿の超おしゃれなヘアサロンでスタイリストやってる。パリピだ。

カンナムスタイル、、?

金沢の美容室の店長、ドロさん。すごい空間だ。パリピも溢れてとまらない。

ともやさん。ここではエロカフェ店長って呼ばれてた。ドロさんと一緒に来られてて、パリピ。

ぺぺさん(左)とやわてぃーさん(右)

能登島までヒッチハイクで来た2人。一緒にシェアハウスしたり旅したり超自由に生きてる。この日ぺぺさんは携帯を洗濯してしまった。

そんなメンバーの不思議な1日がはじまる。

①海に行こう。

あやおのお家から海まで徒歩5分。しかも、能登島の海はとっても透き通ってる。ぺぺさんやわてぃーさんは到着がまだだったので残りのメンバーで出陣。

海が似合うドロさん。しかし背中をよく見ると、

背中もパリピ。

僕も今年初めての海。

ともやさん。こんな感じでシュノーケリングつけて潜ってみると魚がたくさん泳いでいるし、とにかく海が綺麗。

みんな大満足。ちなみにどらさんは泳げない。背中を焼くパリピ根性。

②グダグダする。

海から帰ったら、ゆっくり休憩の時間。

あやお特製の味噌。めちゃめちゃ美味しい。

ドロさん家の中でも服着てない。

ここでやわてぃーさんとぺぺさんがやってきた。早速グダグダ。

③野菜を収穫する。

そろそろ夕食の頃合いかなという時間、

あやおからの指示が飛ぶ「畑の野菜を取ってきて!」

こんな感じで色んなお野菜が畑に。

ナス。

野菜の収穫もできるって、嬉しいですよね。

島って自由だ。

④ご飯はみんなでつくる。

そろそろご飯の時間だ。ご飯はみんなでつくる。

ともやさん実は料理人。包丁さばきから超カッコいい。

僕も魚の内臓取ったり色々やらせてもらった。

できてきました。

鯛めし。
ナスの美味しいやつ(ともやさん作)


こんな感じでもろもろ出来上がり!

写真を撮って、みんなでワイワイご飯を食べる。全部美味しくてあっという間になくなった。

⑤夜の海に行こう。


すぐ目の前にある海。ご飯を食べて、もう一回海へ出かける。

夜は幻想的。

海ほたる。初めてみた。

5秒動かないで!と言った結果。

最後は花火。

創る家に泊まって。

創る家での生活はとっても刺激的だった。時計の針を見ずにやりたいことをやる。自然の環境に生かされる。生きていることを体で感じる。

朝食の食パン(あやお作)

 

もちろん人によって好みはあるし、例えば田舎でのスローライフより都会で過ごしたいって人もいる。逆も然り。

生きていく上で大事なことはなんだろう。

お金、時間、家族、楽しさ。

僕にとってその答えは見つかっていないし、まだそんな時期ではないと思っている。

けど、そんなことごちゃごちゃ考えなくても分かることは、

毎日をしっかり生きること。

人生に正解はない。けどその人が前を向いて進む道は全て正解だと僕は思う。

怪我しようが失恋しようが色々なことに失敗しようが、無事に死なずに生きることができて、

それでいて明日がやってくるのなら、そこでまた前を向ければ、

どんな経験も正解だ。

だから、あやおの真っ直ぐな生き方をみてとってもカッコよくてファンになった。

泊まった人が残していくノートを見たら、みんなあやおへの思いがビッシリと書いてあった。

今を生きることに焦ってはいけない。油断もしてはいけない。

一歩ずつ、半歩ずつ進んでいけばいい。

今を生きた先の積み重ねが、その人の未来だ。

創る家 あやお
Instagram:@asaiayao 
フェイスブック:@tukuruuchi

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 定期的に読み返したくなるドラマチックさがあるね。どうしようもなく素敵な記事をありがとう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me