ふるさとの手帖

市町村一周の旅

秘境の地から300km進め。【日本一周168日目09.12】

秘境の地から300km進め。

こんにちは。この日は9月12日、大間の地から北海道には渡らず、南へ再び南下していきます。

ルートですが、
(S)大間町→①佐井村→②東通村→③三沢市→④東北町→⑤十和田市→⑥七戸町→⑦六戸町→⑧おいらせ町→(G)八戸市
です。最後の八戸市は宿泊のみなので、それ以前のまちを振り返っていきます。この日は300km以上走りました。

(S)大間町→①佐井村→②東通村→③三沢市→④東北町→⑤十和田市→⑥七戸町→⑦六戸町→⑧おいらせ町→(G)八戸市

 

①秘境の地・仏ヶ浦ー佐井村

最初に向かったのは佐井村にある仏ヶ浦という場所です。立地的には下北半島の中で最もアクセスの悪い場所にあり、大間から向かうだけでも40km、佐井村の街を超えて細いうねうね道を走っていく。途中、野生の猿と10匹ほど出会いました。ガードレールにもたれて休んでましたよ。

間も無く仏ヶ浦。

 

仏ヶ浦って?

仏ヶ浦では約2kmに渡り海岸線沿いに仏像を思わせる白緑色の奇岩が連なっています。天然記念物に指定されており、それぞれ如来の首、五百羅漢、一ッ仏、 親子岩、十三仏、観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、極楽浜などの名称がつけられ、その総称が仏ヶ浦(ほとけがうら)です。

津軽海峡の荒波と厳しい風雪によって長い年月をかけて作られた大自然の造形美、行ってみましょう。

透き通った海。

 

まず海がこんなに透き通ってるんだとびっくり。

奇岩が連なる。

ん〜すごい場所でした。行くか迷ったけど行ってよかった。不思議な岩の形、海の色、自然のすごさを肌で感じました。ちなみに直接現地へ行くのは大変ですが、遊覧船も出ています。

②厳しい寒さに負けない寒立馬。ー東通村、尻屋崎ー

次に向かったのは東通村の尻屋崎という場所。下北半島の右上の角っちょです。仏ヶ浦から一気に100km、非常に遠い。

 

やっと着いた。

 

寒立馬(かんだちめ)とは?

青森県尻屋崎周辺の草原に一年中放牧されている馬。南部馬の系統で足が短く胴が長くて、ずんぐりしている。おとなしくて寒さに強く、農耕馬として飼われていたが機械化で激減。県と東通村が保護している。

寒立馬とはーコトバンクーより引用

尻屋崎という場所は非常に寒さが厳しく風も強い場所です。その寒さに負けない、その姿はまさに「寒立馬」ということです。

ここは岬でもあります。
どーん

いました寒立馬。生で見ると非常に大きく、がっしりしているなという印象を受けます。

力強い。

寒さの厳しい場所。

寒立馬から感じられる力強さ、パワーを前にすると暑いやら寒いやら文句言ってる暇じゃないでしょう、という気持ちにさせられました。ちなみにめちゃめちゃ寒かったです。

③三沢市

ここから次は一気に三沢市まで南下していきます。ですが、これも実際に100km以上ある移動でした。100km移動を2本は非常にタフな移動ですね。原付ですから。

緑が綺麗。

 

なんとか三沢の方まで降りていき、三沢航空博物館という場所へ向かいます。

三沢航空博物館

 

到着。ここでは名前の通り色々な飛行機の展示があります。

激渋

247ですよ!247!

地鳴りのような爆音で飛んで行く。

 

近くには三沢基地があり、この日も戦闘機のようなものがものすごい速さと音で飛んでいきました。

④東北町

そして三沢の次は東北町へ。

道の駅おがわら湖
船も見つけた
青空レストランでも紹介されていました。宮川大輔「うまぁぁぁい!(エコー)」

⑤最先端の美術館、十和田市現代美術館。ー十和田市ー

そして次にやってきたのは十和田市現代美術館。あらゆる空間にアートが施された人気の美術館です。

お邪魔します。

 

入館料は1200円で、今までの展示系の中では一番高かったと思う。では、行ってみましょう。

この老婆、大型巨人です。

もう一人いれば大きさが比較できるけど、めっちゃ大きい。

屋上に迷い込んだ。

十和田市街地

再び館内へ。

未知の空間。

館内は撮影オッケーなのですが、1箇所だけ撮影禁止の空間があって、そこが特にわけわかんなかったです。白い部屋だけど音や空間の曲線とかが異空間で。軟禁されている感覚でした。

 

頑張ってここまで撮れたけど、暗すぎて目が慣れるのに何分もかかる部屋。

何があったウサギ。
気持ち悪いですが、人の人形が重なってる。
マリオのステージにありそうな部屋。

これが十和田現代美術館か。いやぁ、ぶっ飛んでて面白かったです。ぶっ飛んでましたね、とにかく。

⑥七戸町

そして次に向かったのは七戸町。もうすぐ日が落ちる。

道の駅へ。

やっぱりこのあたりは馬が有名なんだなぁと。

⑦六戸町

そして次は六戸町。○戸シリーズは名前がとにかく似ている。

夕焼け。
ベジタランド

⑧おいらせ町

そして最後はおいらせ町。ほとんど日は沈んでしまいました。

町役場
自動販売機

とにかく今日はよく走った。300km以上走ったのは初日ぶりですから。青森県もあと少しです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me