ふるさとの手帖

市町村一周の旅

歴史を感じて滋賀へ向かう。【日本一周133日目】


42ある岐阜県の市町村を全部回れた。

長い道、合わせて一週間ほどかかりましたが岐阜県の市町村42のまちを全て回ることができました。

酷暑の中お疲れ様です。

この日のルートですが、
(岐阜県)垂井町→関ヶ原町→(滋賀県)米原市→長浜市→彦根市→多賀町→甲良町→豊郷町→愛荘町→東近江市
です。さぁ、行ってみよう!

まずは垂井町。

南宮大社という神社。大きな鳥居が迎えてくれる。

本殿は工事中でした。けど参拝して次に向かう。

次は関ヶ原町。そう、あの関ヶ原の戦いの場所。

ここは跡地。

確かにここで、日本の歴史が動いたんだっていうのを静かに味わった。

ここは石田三成陣営。

奥には徳川陣営がいて、まさにここが決戦の地。西軍・東軍合わせて15万の兵がここで戦った。

歴史って、確かに存在するんですよね。

次はここから滋賀県へ。まずは米原市。

米原市にも醒井宿(さめがいしゅく)という中山道の宿場町がある。

渋い。

この宿場町には地蔵川という綺麗な湧水が流れていて、その中に「梅花藻」と呼ばれる珍しい水中花がさく。

梅花藻。とっても綺麗だった。

次は長浜市。

長浜城歴史博物館。

テニスコートあった。

夏だ。

次は彦根市。彦根城へ向かいます。

奥は琵琶湖。

ぐわーっ。テレビのロケ。

彦根城。比較的小さいけれど、天守をはじめ、建物の多くが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、さすが国宝。

天守の中も木の香りが好きだった。

彦根市。

さすが彦根城でした。

次は多賀町。

多賀大社は「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社。ちょうど前日の夜に万灯祭と呼ばれる神事があり、1万を超える提灯に明かりが灯される。すごい。

後片付けも3日かかるって。

またこの時期に来てみたい。

次は甲良町。

道の駅の近く。

のどかな風景が広がる。

次は豊郷町。

ドンッ。ここは「けいおん!」の聖地、旧豊郷小学校。アニメとかと合わせてみると、ホントにそっくり。

ちなみに校舎は昭和10年代、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計で建てられ、その美しさから「東洋一の小学校」と呼ばれたほど。


HTT(放課後ティータイム)がよく伝わる!って友達が教えてくれた。

散策してても飽きない校舎でした。こんな学校で生活できると楽しいですよね。

次は愛荘町。

KOBAN

 

スーパーの屋上。

そして最後、東近江市。

道の駅あいとうマーガレットステーション。

エレベーターで上へ登ると景色を一望できる。

のんびりだ。

この後、地元の銭湯にお邪魔して、ネットカフェで就寝しました。

関ヶ原だったりお城だったり、歴史を身近に感じた日だった。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. スーパーの屋上がとてもいいね。そこを撮ろうなんて思ってもなかったから

  2. 垂井町、南国大社ではなく南宮大社です…

  3. 訂正させていただきました、ご確認いただけますと幸いです。この度の誤植、心よりお詫び申し上げます。

  4. 長浜の感想がサッパリ(豊公園周り程度?)していて思っていたのと違った。唯の通過点でしか無かったんですね…

  5. 匿名様

    コメントいただきありがとうございます。そのようにご不快に感じられたこと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。行きたくて行っている、ということだけはご理解いただけますと幸いです。具体的な差に関しては本当に心から申し訳なく思っております。これから再訪した際にそれでも通過点のように思われましたら、是非再再訪させていただきたく思っております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me