ふるさとの手帖

Handbook of Hometowns in Japan

夏らしさ全開。【日本一周127日目2018.07.31長野県No.458~464】

長野県を一つずつ。

この日は長野市内のネットカフェで起床。ここから徐々に南下していく。数の多い長野県の市町村だけど、一つずつ、コツコツ回っていきます。

ルートは、
長野市→小布施町→高山村→須坂市→千曲市→麻績村→青木村→筑北村→松本市

のルート。さぁ、行ってみよう!

まずは小布施町。岩松院というお寺へ。

朝8時ごろ。

盛者必衰。

ここから入って行く。

ここで有名なのは、なんと行っても「葛飾北斎」の天井画。

戸倉上山田温泉から長野駅への旅 http://travel.chuotaxi.co.jp/modelcource/modelcource-20170306121706#images-2 より。

こんな感じ。すごいですよね。基本建物内は撮影禁止なので写真は撮れないんですけど、僕は来るのが早すぎて中に入れませんでした。一緒にこんな感じなんダァ、と浸りましょう。

そういうこと。

まちに葡萄畑もありました。

次は高山村。

山並みに家々が並ぶ。

ここは町から少し奥の温泉街。

長野も温泉多いなぁと感じます。

ポスト。

ここから須坂市へ降りて行く。

ここは須坂市だけど、奥はまた長野市が見える。

まちの中心部。

須坂市には蔵の街並みが残っている。

白が似合う。

ここから次は千曲市へ。

千曲市のまちを抜けて、登って行くと、

千曲市のまちと千曲川。真ん中の細いのが千曲川です。

ひまわりも暑そう。

そして山を登って麻績村(おみむら)へ。

いっぱい釣りしてた。

夏っぽい。

村役場あたり。

そしてここから若干ルートを外して青木村へ。

入道雲も。

青木村。

こっちはまちの方。そして戻って筑北村。

至る所で雲が大きかった。

山と雲が夏を教えてくれる。

ミニ入道雲。

一度来ている松本市だけど、ここでお風呂に入ってネットカフェで寝ました。

朝から大きな入道雲がたくさんできていて、様子を見つつ急ぎ目で回ったんだけど、この日は夕立に合わなかった。

雨には注意して進みたいと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

RANDOM ARTICLES

Follow me