わんこそばで限界突破し、宮古の秋まつりでサンバを踊る。【日本一周171日目09.15】

わんこそばで限界突破し、宮古の秋まつりでサンバを踊る。【日本一周171日目09.15】

わんこそばで限界突破し、宮古の秋まつりでサンバを踊る。

こんにちは、かつおです。この日は岩手県の県庁所在地である盛岡市、そしてその東側沿岸部にある宮古市を中心に巡っていきます。他にも小岩井農場に行ったりなかなか濃い1日でした。

今日のルートですが、
(S)紫波町→①矢巾町→②盛岡市→③滝沢市→④雫石町→⑤(G)宮古市

のルートです。それではいってみましょう!

(S)紫波町→①矢巾町→②盛岡市→③滝沢市→④雫石町→⑤(G)宮古市

 

①紫波町

この日の朝は盛岡市のネットカフェで迎えたのですが、盛岡市でのメイン「わんこそば」まで時間があるので先に紫波町へ。

産直センター
木で出来た公衆電話。
のぼりが切ない。

 

②矢巾町

そして次に向かったのは矢巾町。やはば、と読みます。

住宅街。

盛岡市のベッドタウン、といった感じなのかな。

町役場。
グラウンド。
小さく咲いてた。

 

③限界突破したわんこそば。ー盛岡市ー

そして、その後再び盛岡市へ戻ります。前日から盛岡市ではお祭りも行われて、山車の練り歩きの様子も見ることができました。

顧問、が好き。
歌、かっこいい。
イケメンだ。
山車も見事。
軽快なリズム。

これぞ秋まつり、って感じ笑顔になれます。

もう少し街歩き、商店街。
レトロな岩手銀行赤レンガ館。

 

そしていよいよ勝負の時。

街をめぐり、時計は10時半を回りました。いよいよここからわんこそばモードです。今回お邪魔したお店はこちら。

東屋本店さん。

 

東屋本店さんというお店。言わずと知れた、わんこそばの有名店。開店は11時からですが、先に整理券を貰います。

4番。

 

10時半すぎ、ゲットした整理券は4番。これはすんなりお店に入れそうです。

5分前までに戻ってきてくださいと言われてちょうどその頃に戻ってきたのですが、その時には長蛇の列ができていました。危ない危ない。

11時、開店。

 

11時になりお店の待合室に案内してもらいます。ここからは整理券があるので、呼ばれた人から向かうという流れです。

「4番の方〜」

5分後くらいでしょうか、さぁ呼ばれました。

舞台は2階。

 

呼ばれた後2階に案内されて、席に着きます。

ここでまず、「わんこそばをするか否か」そして「わんこそばの形式をどうするか」を尋ねられます。

つまり、ここにきた全員が椀子そばをするわけではなく、普通にお蕎麦などを食べられるお客さんもいらっしゃいます。「やったことがあるので今回は友達のを見守るだけ」とかですね。
そして、わんこそばの形式ですが「お椀を食べた後に積み上げてもらう」パターンと「お椀を回収される」パターンがあります。前者の方が500円ほど高く、後者の場合マッチ棒などで自分ではかることになります。

僕はもちろん、「おわん付き」で。

色んな種類の薬味

 

その後薬味が運ばれてきます。9種類ほど。ですが、もし椀子そばの記録を伸ばすためには「食べない方がいい」とアドバイスを受けます。なるほどなるほど。

そしていよいよお蕎麦がやってきました。

皆さんに配られるお蕎麦。えげつないスピードで減ります。

 

わんこそばのコツとして、
・薬味を食べない
・お蕎麦のつゆを飲まない
・できるだけ一気に食べる

などがあり、これらを意識して目指すは100杯。ちなみに男性平均は50〜70杯ほどと言われています。けど100杯を超えると手形がもらえるんです。

いざ、スタート!

お隣さん。「よいしょ!」「はいよーっ!」とお給仕さんが声をかけながら、テンポよく食べていきます。

 

開始から30分ほど経ったでしょうか。結果はいかに…

124杯でした

 

いやいやいや、これ「本当にキツイ」です。自分がお蕎麦をもらうお椀があるんですが、そのお椀を閉じない限り永遠にお給仕さんがお蕎麦を入れてくださるんですね。僕、100杯いけたら万々歳で終わろうとしてたんですけど、お給仕さんにメチャメチャ煽られて100杯超えても食べてここまできてしまいました。キリのいい数字でやめる、とかもあるんですけど今回の記録はまさに「僕の限界値」です。本当にキツかったな。

皆さん挑戦されるときは、「無理しないで下さね」目標があれば、そこでスパッとやめましょう。僕はしばらく動けませんでした。薬味のマグロの刺身、食べたかった…

④滝沢市

こうしてなんとか無事にわんこそば体験も終了しまして、また次へ進んでいきます。お腹いっぱいの状態で向かったのは滝沢市。

滝沢市役所
ボランティアまつり

 

ちょうどここでもお祭りをやっていました。

アンパンマンを倒すおじいちゃん

 

たくさんの方で賑わっていました。

⑤有名な小岩井農場へ。ー雫石町ー

そして次に向かったのは雫石町にある小岩井農場。「日本最大の民間が経営する総合農場」で、これまでに何度も耳にしたことのある農場だったので楽しみです。

東京ドーム640個分

 

何と言っても小岩井農場は「広い!」東京ドーム640個分かぁ。

人もいっぱい。

農場なのに、このようなアトラクションもあります。

わんこそばのあとだけど、結局食べてしまった。

上丸牛舎

そして少し歩いたところに上丸牛舎という有形文化財の牛舎があります。

とっても雰囲気のある牛舎。

ロールを運んで、
ここに入れるんだ。
美味しい乳製品をありがとう。
モー

 

小岩井農場、先述した通りとっても広くて歩くのが大変でしたが、とっても楽しい場所でした。アトラクションも体験ブースもあるし、家族連れでもカップルでも楽しめるなぁと。僕1人でしたけど。

⑥宮古の秋まつりでサンバの山車を引く。ー宮古市

そして最後、小岩井農場から一気に沿岸部の宮古市まで降りていきます。約120km、長い道のりです。

到着すると、そこはお祭りムード。

 

盛岡市でもお祭りがありましたが、ここ宮古市でも秋まつりがありました。この日は最近できたゲストハウス、「ゲストハウス3710」さんにて宿泊させていただいたのですが、オーナーさんから「山車引きやらない?」と声をかけていただいて、あれよあれよとお祭りに参加決定。

どちらも宿の方々。とっても素敵な人で、宮古に新しいゲストハウスができたこと、あああパワーを感じるなと。
隣町のおばちゃんも参戦、絶好調。

 

引く山車は浅草サンバカーニバルで3連覇中のバルバロスさん。

山車を引くよ〜、とだけ最初お話をもらっていたのですが、蓋を開けてみると今回お手伝いさせていただいた山車は「バルバロス」さんというサンバ界隈でメチャメチャ有名なチームの山車でした。

東京のチームで、浅草サンバカーニバルという日本最大級のサンバのお祭りでなんと3連覇しているんです。(もちろん参加チームも多い)

すごいことになってきた気がする。

その名も「BARBAROS」

 

バルバロスさんは東京からはるばる来られているのですが、その流れを聞くと始まりは2009年、秋まつりが25周年だったことから宮古市からバルバロスさんに出演依頼がきたのが交流の始まりだそうです。けどひとまず出演はそのとき1回限り。その後東日本大震災があり、秋まつりも復興祭と位置付けられ復興に向けて大変だった時期に今度はバルバロスさんから「震災のあと何かできることはないか」と連絡があり、こうして毎年お祭りに来てくれるようになったとのこと。

そしてその縁は途切れることなく今年も続いているんです。

なんて染みる話なんだ。

すっかり夜も更け、いよいよ祭りも終盤です。

あばれ太鼓さん。めっちゃめちゃかっこいい。
名前の通り、船が左右に大きく揺れています、それぐらいダイナミックです。
今でもこのリズム歌える。めっちゃ好きだ。
山口太鼓さん。こちらも超超超かっこいい。
生で聴いて、本当に凄い迫力です。
「ヤレヤレヤレヤレーっ!」という掛け声が凄い元気をもらえて、これもまだ口ずさめます。
月と太鼓。
とにかく最高だということ。

 

そしていよいよバルバロスも出番です。こちらは「大トリ」盛り上がっていきましょう!

ダンサーの皆さん。すげぇ〜!という言葉しかでない。

 

軽快なリズムでみんなで「み!や!こ!」と叫んだ後は、あっという間の出来事です。

夢の時間のよう

山車を引きながらなので楽器舞台さんの後ろが多かったですが、楽器も超絶上手いです。
時間を忘れる。

最高な時間を歌い続ける。
忘れられない夜。

 

あっという間でした。僕も大きなギターを着させてもらって街を練り歩いたので、街の人と握手させてもらったりハイタッチしたり、そしてサンバのダンサーさんに呼んでもらって一緒に踊ったり。心の底から楽しい時間でした。忘れられない思い出です。

3710のオーナーさんそしてバルバロスさん、本当にありがとうございました。

コメントを書く

*

日本一周

色々な記事




最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思ってちゃんと行った記憶のある都道府県を調べてみまし...

Follow me