暑さに勝つには?【日本一周132日目】

暑さに勝つには?【日本一周132日目】

酷暑の岐阜を朝から晩まで。

あんまりこう、個人的なことって書いていないんですが、この暑さの中旅を続けることはまぁそれなりにキツいことではあります。授業で言えば1コマから5コマまでひたすら超暑い日差しを浴びて進み続けるってのを、明日も明後日も毎日、しかも長袖長ズボンでやってますからね。

特に岐阜は40度でも驚かないくらい暑いので、その辺十分留意しながら進んで行きます。

今日のルートですが、
羽島市→輪之内町→海津町→安八町→養老町→神戸町→池田町→揖斐川町→本巣市→大野町→北方町→瑞穂市→大垣市
と、13の市町村。

暑さに勝つには根性論なのか何なのか。進みながら考えましょう。

まずは羽島市。

鏡も暑そうでしょ?

まちの中。

次は輪之内町。

こういうの見つけると、1度涼しくなる。

次は海津町。おちょぼさん、という有名な神社へ向かいます。

千代保稲荷という神社で、この日も平日の朝早い時間ですが人はだんだんと増えました。

スイカ。

参道を歩くとお宮に到着。ちなみにおちょぼさんへの参拝の仕方は少し変わっています。

これはおあげさん。おあげとロウソクがセットで売られていて、おあげはお供え、ロウソクは献火所で灯します。

商売繁盛・家内安全のご利益があると言われている神社なのですが、特に商売繁盛としては名刺がたくさんあったり、企業・自営業っぽい人がたくさんいました。

ご利益あるといいね。

次は安八町。(あんぱち)

お布団。

役場近く。

岐阜には新幹線の停車駅は一つしかありませんが、こうやって線路はしっかりと通っています。

次は養老町。

養老の滝という滝を見に行ったのですが、往復1時間強かかると知って断念します。そこまでの体力はホントに残ってません。

よって、養老町の街の方へ。

次は大垣市を挟んで神戸町。

岐阜南部の雰囲気とはまた少し違ってゆったりした感じ。

ヤマトさんのいる夏。

次は池田町。

ここは道の駅ですが、池田温泉という温泉の足湯に浸かることができます、無料。

ここであったまる、、いいえすでに体は火照っています。

道の駅から。

次は揖斐川町。

ここは谷汲山華厳寺、というお寺。日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺です。西国でのまさにゴール地点というわけです。

これがまた、お寺までの徒歩が長いこと。めっちゃ長かったですね。暑い。

浴びたかったくらいだけど親切によけてくれた。

やっと着きました。カップルも家族連れもみんなキツそうだった。無事にご祈願。

次は本巣市。織部の里という道の駅。

「織部」って言葉が気になるんですよね。

駅に併設して、織部展示館という展示をやっていました。

これは家康さん。信長、秀吉さんもいました。

織部焼き。茶道の世界の中で織部ってよく出てくる。

個人的に楽しみました。お抹茶飲みたい。

次は大野町。

町歩き。


後もう少し、北方町。

ここは円鏡寺というお寺。

そして瑞穂市。

この時間ぐらいから涼しくなってきた。

サッカーゴール。

そして最後に、大垣市。

この日大垣市もお祭りがあるとのことで、交通規制がかかる前に進んで行く。

大垣城。街中にある小さなお城なんですが、とっても綺麗でした。

これで、今日行くつもりだった13の市町村もクリア。

暑さには勝てない。

冒頭の問いですが、暑さには勝てません。(バッサリ)

ですが、やっぱり工夫できることはたくさんあります。

もうダメだ…って時のパピコが最高ですね。

1個食べて、「ハァ〜!蘇った!」ってところで

「えっ、もう1個食べてええん!?」

僕の原動力ですね。

コメントを書く

*

日本一周

色々な記事




最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思ってちゃんと行った記憶のある都道府県を調べてみまし...

Follow me